クリスマスツリーの作成

BACKHOMENEXT


WORDによるクリスマスツリーが流行っているのに刺激されて、JTrimを用いた クリスマスツリーの作成にチャレンジしてみました。
雰囲気的にクリスマスツリーの感じが出せたのでは?と自画自賛です。
試行錯誤した中での自分好みの仕上がりで、勝手に自己満足しています。

どんな風にして仕上げたのか?参考になればとの思いで、自分の備忘録としてまとめてみました。
作成してみようと思われる方は、基本形を張り付けていますので、御利用下さい。
”同じ作業の繰り返しが続くので、コピー忘れに注意!合成時点で位置がずれたら、コピー忘れによる前の画像のままです。”


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
塗りつぶしの許容範囲の数値は、写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてクリックで拡大画像が表示されます。文字の場合にはリンクします。

説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)

メニュバーの項目から入る表示方法を優先しますが、画像が隠れてしまう等の場合にツールバーのアイコンで表示する場合もあります。



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、ファイル→新規作成で、300×300の白紙作成する。

編集→文字入れクリックする。
「フォント:MSゴシック」   「文字:さんかく→▲」
「文字サイズ:100px」   「文字色:黒色」   その他の設定は、左図表示のダイアログボックス参照。
正方形のセンター付近に置いて、OKをクリックする。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
再び、編集→文字入れクリックする。
「フォント:MSゴシック」   「文字:まる→●の斜体」
「文字サイズ:150px」   「文字色:赤色」   その他の設定は、左図表示のダイアログボックス参照。
左図を参考にして、▲に接する位置を決める。
(位置決めだけで、OKの確定はしない!)



(1枚目のJTrim)
3.
▲に接する位置が決まったら、文字色を赤色→白色に変えて
OKをクリックして位置を確定する。



(1枚目のJTrim)
4.
編集→文字入れクリックするが、前の設定状態と同じなので●斜体の位置を移動させるだけで良い。
左図を参考にして、▲に接する位置を決める。
(位置決めだけで、OKの確定はしない!)



(1枚目のJTrim)
5.
▲に接する位置が決まったら、文字色を赤色→白色に変えて
OKをクリックして位置を確定する。



(1枚目のJTrim)
6.
ズームインのアイコンをクリックして、画像を拡大する。
左図を参考にして、切り取る。

上記1での▲を置く位置により、切り取る座標値は変わる為に敢て表示しません。

私の場合は、切り取った画像サイズは、55×80pxになりました。

作成される方は、同じサイズになる様に切り取ってもらえば、以降の数値的な説明に誤差が生じないと思います。



(1枚目のJTrim)
7.
少し、横幅を大きくする。
イメージ→リサイズをクリックする。

縦横の比率を保持するのチェックを外す。
サイズで指定するにチェックを入れて、横に75の数値を入れる。

75×80pxのサイズにする。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、2枚目のJTrimを立ち上げる。



(お持ち帰り用)
サンプル画像
作成してみたいと思われる方で、以降の数値を利用したい方は、左図の画像を右クリックして、「名前をつけて画像を保存」で持ち帰り、御使用下さい。



(2枚目のJTrim)
8.
2枚目のJTrimを立ち上げてから
編集→貼り付けで、画像を張り付ける。

貼り付け後に、再び、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
9.
1枚目のJTrimに戻って、ファイル→新規作成で、250×500の白紙作成する。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:175 Y:0 (座標2) X:250 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
10.
2枚目のJTrimを開いて
張り付けておいた75×80pxの画像をリサイズする。

イメージ→リサイズをクリックする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れる。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に140の数値を入れる。(縦は自動的に140%になる)
105×112pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
11.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:145 Y:10 (座標2) X:250 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。

*(座標1)Xの値=(白紙横サイズ:250)−(合成画像の横サイズ)
(座標1)Yの値は、合成状態を確認して調整する。



(2枚目のJTrim)
12.
2枚目のJTrimを開いて
先程の105×112pxの画像をリサイズする。

イメージ→リサイズをクリックする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れる。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に120の数値を入れる。(縦は自動的に120%になる)
126×134pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
13.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:124 Y:32 (座標2) X:250 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。

左図への合成用ダイアログボックスの画像張り付けを省きます。



(2枚目のJTrim)
14.
2枚目のJTrimを開いて
先程の126×134pxの画像をリサイズする。

イメージ→リサイズをクリックする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れる。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に125の数値を入れる。(縦は自動的に125%になる)
157×167pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
15.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:93 Y:52 (座標2) X:250 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。

左図への合成用ダイアログボックスの画像張り付けを省きます。



(2枚目のJTrim)
16.
2枚目のJTrimを開いて
先程の157×167pxの画像をリサイズする。

イメージ→リサイズをクリックする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れる。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に115の数値を入れる。(縦は自動的に115%になる)
180×192pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
17.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:70 Y:85 (座標2) X:250 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。

左図への合成用ダイアログボックスの画像張り付けを省きます。

範囲指定枠を外して、画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
18.
コピーしてから、イメージ→ミラーで画像を左右反転する。

編集→連結をクリックする。
左へ連結して、左図の状態に仕上げる。



(1枚目のJTrim)
19.
少し、縦長の形状にする為
イメージ→リサイズをクリックする。

縦横の比率を保持するのチェックを外す。
サイズで指定するにチェックを入れて、縦に650の数値を入れる。

500×650pxのサイズになる。



(1枚目のJTrim)
20.
白紙の不要部分を切り取る。
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:60 Y:0 (座標2) X:440 Y:500 の数値を入れて、OKをクリックして切り取る。

380×500pxのサイズになる。



(1枚目のJTrim)
21.
背景の白色部分の汚れを除去する。
編集→塗りつぶしクリックする。

塗りつぶしのダイアログボックスに
許容範囲:30(30以上にしない事)
不透明度:100
色:白色に設定して塗りつぶす。



(1枚目のJTrim)
22.
加工→ぶれをクリックする。

ぶれの大きさ:10 に設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
23.
加工→エッジの強調をクリックする。

レベル:10 に設定して、OKをクリックする。

加工後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
24.
コピーしてから
元に戻すアイコンをクリックして、上記21のぶれ加工前の画像まで戻す。

カラー→ネガポジ反転をクリックして左図の状態にする。



(1枚目のJTrim)
25.
編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。

合成後の画像を編集→コピーしてから、2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
26.
2枚目のJTrimを開いて
編集→貼り付けで、画像を張り付ける。
張り付けた380×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に80の数値を入れる。
304×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
27.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:38 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。

*(座標1)Xの値=( 画像横サイズ:(380)−合成画像の横サイズ )÷2の値で、割り切れない場合は四捨五入する。



(2枚目のJTrim)
28.
2枚目のJTrimを開いて
先程の304×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に80の数値を入れる。
243×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
29.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:69 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
30.
2枚目のJTrimを開いて
先程の243×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に70の数値を入れる。
170×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
31.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:105 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
32.
2枚目のJTrimを開いて
先程の170×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に60の数値を入れる。
102×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
33.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:139 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
34.
2枚目のJTrimを開いて
先程の102×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に70の数値を入れる。
71×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
35.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:155 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
36.
2枚目のJTrimを開いて
先程の71×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に60の数値を入れる。
42×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
37.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:169 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
38.
2枚目のJTrimを開いて
先程の42×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に60の数値を入れる。
25×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
39.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:178 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
40.
2枚目のJTrimを開いて
先程の25×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に70の数値を入れる。
17×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
41.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:182 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
42.
2枚目のJTrimを開いて
先程の17×500pxの画像の横幅だけを縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。
縦横の比率を保持するのチェックを外す。
比率で指定するにチェックを入れる。
横に60の数値を入れる。
10×500pxのサイズになる。

リサイズ後の画像を編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
43.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:185 Y:0 (座標2) X:380 Y:500 の数値を入れて、×で閉じる。

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。

範囲指定枠を外す。



(1枚目のJTrim)
44.
範囲指定枠を外してから
加工→ガウスぼかしをクリックする。

ぼかしのレベル:1 に設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
45.
カラー→単色カラースケールをクリックする。
色の設定用ダイアログボックスから、用いる色 :(128:255:128)を選択(クリック)してから、OKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
46.
背景を白色に変える。
編集→塗りつぶしクリックする。

塗りつぶしのダイアログボックスに、許容範囲:0
不透明度:100
色:白色に設定して塗りつぶす。

塗りつぶし後の画像を編集→コピーしてから、2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
47.
2枚目のJTrimを開いて
編集→貼り付けで、画像を張り付ける。

左図の様に、下部にカーソルを用いて囲みを作る。

編集→塗りつぶしクリックする。

塗りつぶしのダイアログボックスに
許容範囲:100   不透明度:100
色:任意 の色で塗りつぶす。参考例:(128:128:0)



(2枚目のJTrim)
48.
囲みを外さない状態で、フェードアウト加工を行う。
先ず、表示→背景色をクリックして、色の設定用ダイアログボックスから、用いる色を選択(クリック)するか、赤、緑、青の値を記入してから、OKをクリックする。  参考例(128:64:0)

次に、加工→フェードアウトをクリックする。

ダイアログボックスに、フェードする範囲:17(囲みの大きさで変化)
円形フェードアウトのチェックを外してOKをクリックする。

範囲指定枠を外して、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
49.
1枚目のJTrimに戻って、カラー→2階調化をクリックする。

境界のしきい値を左図を参考に設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
50.
カラー→ネガポジ反転をクリックして、左図の状態にする。

ネガポジ反転後の画像を編集→コピーしてから
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
51.
2枚目のJTrimを開いて

編集→合成をクリックする。
合成:明るい画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。

1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
52.
1枚目のJTrimに戻って、元に戻すアイコンをクリックして
カラー→2階調化する前の画像まで戻す。

戻した画像を編集→コピーしてから
2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
53.
2枚目のJTrimを開いて

編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。



(2枚目のJTrim)
54.
上部に余白を作成する。
イメージ→余白作成をクリックする。

上下左右を個別に指定するにチェックを入れておく。
余白の大きさ 上のみ:50 
色:白色で作成する。



(2枚目のJTrim)
55.
編集→文字入れクリックする。
「フォント:MSゴシック」   「文字:ほし→★」
「文字サイズ:68px」   「文字色:任意 参考例(252:177:3)」   その他の設定は、左図表示のダイアログボックス参照。
ツリーの上部に置いて、OKをクリックする。

御質問を頂き、補足説明を最後に追加掲載しています。



(2枚目のJTrim)
56.
その他、編集→文字入れを用いて

●や★や◆等、各自の好みで飾り付ける。

又、不透明率度を調整して、仕上げの雰囲気を変えても良い!



(2枚目のJTrim)
57.
飾り付けを終えたツリーの完成画像!



(2枚目のJTrim)
58.
縁取りに入れる為に画像を縮小する。

イメージ→リサイズをクリックする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れる。
サイズで指定するにチェックを入れて、縦に450の数値を入れる。

311×450pxのサイズになる。



(2枚目のJTrim)
59.
イメージ→余白作成をクリックする。

上下左右を個別に指定するにチェックを入れておく。
余白の大きさ   上:50   左:70   右:69
色:白色で作成する。

仕上がりサイズが450×500pxになる。

余白作成後の画像を編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
60.
コピーしてから、カラー→2階調化をクリックする。

境界のしきい値を左図を参考に設定してOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
61.
カラー→ネガポジ反転をクリックして、左図の状態にする。


(2枚目のJTrim)
62.
編集→合成をクリックする。
合成:暗い画素優先で合成して、左図の状態に仕上げる。



(2枚目のJTrim)
63.
フェードアウト加工を行う。先ず、背景色を白色にする。
表示→背景色をクリックして、色の設定用ダイアログボックスから、白色を選択(クリック)し、OKをクリックする。

次に、加工→フェードアウトをクリックする。
フェードする範囲:100
円形フェードアウトにチェックを入れてOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
64.
再度、フェードアウト加工を行う。先ず、背景色を黒色にする。
表示→背景色をクリックして、色の設定用ダイアログボックスから、黒色を選択(クリック)し、OKをクリックする。

次に、加工→フェードアウトをクリックする。
フェードする範囲:最小:2
円形フェードアウトにチェックを入れてOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
65.
更に、フェードアウト加工を行う。先ず、背景色を白色にする。
表示→背景色をクリックして、色の設定用ダイアログボックスから、白色を選択(クリック)し、OKをクリックする。

次に、加工→フェードアウトをクリックする。
フェードする範囲:40
円形フェードアウトのチェックを外してOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
66.
完成画像!




(参考サンプル)
上記27以降の合成方法を加算合成を用いて仕上げたものです。
明るい画素優先で仕上げた方が私好みでも有り、飾り付けが映える様に思えて作成過程では明るい画素優先にしました。

明るい方が好みの方は加算合成でも良いです。





”補足説明”
上記55の文字入れについて御質問がありましたので、補足しておきます。



(補足説明)
1.
編集をクリックする。

表示された項目から、文字入れを選んでクリックする。

私の作成過程では「 編集→文字入れ 」と表記しています。



(補足説明)
2.
上記の操作により、各項目を詳細に設定する為のダイアログボックスが表示される。

フォントの▼マークをクリックする。

表示されたフォントの中から、MSゴシックを選んでクリックする。



(補足説明)
3.
上記の操作により、フォントがMSゴシックになる。

その他の赤枠で囲まれた部分を同じ様に設定する。

文字を入れる所をクリックして、ひらがなで「ほし」と入力して、変換キーで「★」に変換する。

*文字入れは半角では無いので注意! 全角 ひらがな入力

*飾り付けの場合には「きごう」好みの形を選んで変換する。



(補足説明)
4.
文字色の設定は、ダイアログボックスの @の「文字色」をクリックする。

色の設定用ダイアログボックスが表示されるので、Aの赤、緑、青の所へ同じ数値を入れる。

BのOKをクリックして色が確定する。

赤(252):緑(177):青(3)を
私の作成過程では参考例(252:177:3)と表記しています。



(補足説明)
5.
★の所へカーソルを置くとてのひらマークになる。

クリックして★を置きたい所へ移動(ドラッグ)する。

★を置きたい所まで移動させたら、ボタンを離す。

OKをクリックして位置が確定する。

以上の過程を55にまとめて記載しています。
この説明でも初心者の方にはお解り頂けないかも知れません。
有る程度JTrimに慣れてから再トライして頂けたらと思います。



今までにBBSや、メールで頂いた御質問内用をQ&Aの形式で、作成過程を作成しようと思っていますが
PCがXPと古いので思案しています。
Windows Vistaや、Windows7の方々から見るとこの作成過程はどんな感じなのかと・・・??
新作よりも作成過程の見直しによる、初心者の方々に分かり易い作成過程に仕上げたいと思ってはいますが・・・



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system