縁取りのウエーブ加工

BACKHOMENEXT


JTrimを使われる先輩方にとっては、目新しいことではないのだが初心者の方にとっては手順がないと分かり難いみたいなので、作成してみました。余白や、ウエーブ加工の値、拡散の値等、いろんな数値を試して見て自分の好みに仕上げてください。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1. 1枚目のJTrimを立ち上げて、加工する画像をJTrim上に開きます。

ブログ用に500×375にリサイズして加工すると、白黒用の縁取り加工時に、若干仕上がりの感じが変わる為、1024×768で加工してからリサイズでブログ用に縮小します。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2. 画像の10px内側に範囲指定する。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:10 Y:10 (座標2) X:1014 Y:758 の数値を入れて、×で閉じる。



(1枚目のJTrim)
3. 範囲指定枠内を塗りつぶす。
色:白色 許容範囲:100で塗りつぶす。



(1枚目のJTrim)
4. 範囲指定枠を外してから、加工→ウエーブを3回かける。

ウエーブの大きさ:任意

参考例 1回目:3  2回目:1  3回目:2



(1枚目のJTrim)
5. ウエーブを3回かけた仕上がり画像。



(1枚目のJTrim)
6. 加工→拡散を1回かける。

拡散レベル:任意  参考例:6



(1枚目のJTrim)
7. カラー→2階調化する。

境界のしきい値:最大



(1枚目のJTrim)
8. カラー→ネガポジ反転する。



(2枚目のJTrim)
9. 2枚目のJTrimを立ち上げて、最初に開いた合成する画像をJTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
10. 1枚目のJTrimに戻って、編集→合成:明るい画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
11.完成画像!

省略しますがここで額縁を作成して合成後にリサイズしても良いです!



(1枚目のJTrim)
12.ブログ用にリサイズする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に500の数値を入れる。(縦は自動的に375pxになる)

500×375のサイズに縮小されました。





(1枚目のJTrim)
1. 次に黒背景に用いる白黒用の縁取りを加工します。

1枚目のJTrimを立ち上げて、加工する画像をJTrim上に開き、イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上下左右:10px 色:白で作成する。

最初から1044×788の白紙作成でも良いです。



(1枚目のJTrim)
2. 画像全体を塗りつぶす。
色:(128:128:128) 許容範囲:100で塗りつぶす。



(1枚目のJTrim)
3. 再度、イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上下左右:10px 色:白で作成する。



(1枚目のJTrim)
4.加工→ガウスぼかしを1回かける。

ぼかしのレベル:1



(1枚目のJTrim)
5. 加工→ソフトレンズを1回かける。

やわらかさのレベル:5



(1枚目のJTrim)
6. 加工→ウエーブを3回かける。

ウエーブの大きさ:任意

参考例 1回目:3  2回目:1  3回目:2



(1枚目のJTrim)
7. カラー→ネガポジ反転する。



(1枚目のJTrim)
8. 加工→エンボスをかける。

レベル:2で1回かける。



(1枚目のJTrim)
9. イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:20 Y:20 (座標2) X:1044 Y:788 の数値を入れて、×で閉じる。



(2枚目のJTrim)
10. 2枚目のJTrimを立ち上げて、最初に開いた白黒画像をJTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
11. 1枚目のJTrimに戻って、編集→合成:上書き合成する。



(1枚目のJTrim)
12. 完成画像!



(1枚目のJTrim)
13. ブログ用にリサイズする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に500の数値を入れる。(縦は自動的に375pxになる)

500×375のサイズに縮小されました。





(1枚目のJTrim)
1. 上記、黒背景に用いる白黒用の縁取り加工の7のネガポジ反転後に1つだけ加工を追加すると冒頭の3枚目のサンプルになる。

7の画像



(1枚目のJTrim)
2. カラー→ヒストグラム→ノーマライズをかける。



(1枚目のJTrim)
3. 加工→エンボスをかける

ここから、 8以降と同じにすれば良いので省略します。

この縁取りを用いる場合に、画像の背景が明るいと縁取りとの境界が不明瞭になる場合があります。
その時は、イメージ→角丸切抜き加工を行ってから上書き合成してみて下さい。
丸め半径:0 背景色:黒か白
枠線の幅:1〜2 枠の色:黒



(1枚目のJTrim)
完成画像!

以下の数値はリサイズする前の画像に対しての値
サンプルの額縁は、この画像に余白作成  上下左右:35 色:黒
加工→立体枠をつける。枠の太さ:25 凹ませる。
加工→立体枠をつける。枠の太さ:20 スムース
加工→立体枠をつける。枠の太さ:20 スムース
加工→立体枠をつける。枠の太さ:20 スムース
3回繰り返す。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system