ブラインド&テクスチャー加工で額縁作成

BACKHOMENEXT


ブラインド加工とテクスチャーを用いて額縁を作成してみました。 ブラインドとテクスチャーは誰もが多用される加工方法の為に、似た様な感じで、私も作成したことがあると思われる方がいらっしゃるかも知れません。 基本コーナーに掲載すべきか迷いましたが、今回はこちらの作成過程にUP致しました。 独自のテクスチャーを作成して模様を考えるのも良いかと思います。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、額縁に入れたい画像をJTrim上に開きます。

参考例の画像サイズは、ブログ用の500×375のサイズを用います。

開いた画像は最後の仕上げの段階で用いる為、必ず元画像として名前を付けて保存しておきます。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上下左右:50px 色:白色で作成する。



(1枚目のJTrim)
3.
塗りつぶす。
色:白色 許容範囲:100で塗りつぶす。

(背景色を白色にしてから、編集→全選択後にDeleteでも良い)



(1枚目のJTrim)
4.
画像を拡大する。

イメージ→リサイズで縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に3000の数値を入れる。(縦は自動的に2375pxになる)

3000×2375のサイズに拡大される。

(画像が500×375のサイズを用いる方は、3000×2375の白紙作成から始めても同じだと言うことです。)



(1枚目のJTrim)
5.
拡大画像をズームアウトでウィンドウに合わせて作業しても良いが、後述する様な現象が起きるので初めての方はそのままで続行した方が良いと思う。

加工→ブラインドをクリックする。

水平方向にチェックを入れる。
ブラインドの幅:2(最小)
色:任意 参考例(255:128:128)

縮小画像の場合、色が付かなかったり、半分だけ付いたりする様な事が起きる場合があるが、拡大すると着色されている。



(1枚目のJTrim)
6.
再度、加工→ブラインドをクリックする。

水平方向のチェックを外す。
ブラインドの幅:2
色:任意 参考例(255:255:98)



(1枚目のJTrim)
7.
拡大する前の画像サイズに戻す。

イメージ→リサイズで縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に600の数値を入れる。(縦は自動的に475pxになる)

600×475のサイズに縮小され、拡大前のサイズに戻る。



(1枚目のJTrim)
8.
イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:メタル 適用の強さ:35。



(1枚目のJTrim)
9.
画像を90度回転する。



(1枚目のJTrim)
10.
8と同様に、イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:メタル 適用の強さ:35。



(1枚目のJTrim)
11.
再び、画像を90度回転して、元の横向きの状態に戻す。



(1枚目のJTrim)
12.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:45 Y:45 (座標2) X:555 Y:430 の数値を入れて、切り取る。



(1枚目のJTrim)
13.
イメージ→角丸切り抜きする。

丸め半径:0

背景色:白色又は黒色  参考例:黒色

枠線をつける:にチェックを入れる。

枠線の幅:5  色:任意 参考例(197:207:3)



(1枚目のJTrim)
14.
範囲指定枠が表示されるまで元に戻してから

編集→合成:上書き合成する。



(1枚目のJTrim)
15.
そのまま範囲指定枠を外さない状態で

加工→立体枠をつける。

枠の太さ:5 凹ませる。



(1枚目のJTrim)
16.
範囲指定枠を外してから、加工→立体枠をつける。

枠の太さ:10 凹ませる。



(1枚目のJTrim)
17.
再度、加工→立体枠をつける。

枠の太さ:10 スムース。



(1枚目のJTrim)
18.
更に、加工→立体枠をつける。

枠の太さ:10 スムース。



(1枚目のJTrim)
19.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:50 Y:50 (座標2) X:550 Y:425 の数値を入れて、×で閉じる。



(2枚目のJTrim)
20.
2枚目のJTrimを立ち上げて、最初の額縁に入れたい画像をJTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
21.
1枚目のJTrimに戻って、範囲指定枠が表示されているのを確認してから

編集→合成:上書き合成する。



(1枚目のJTrim)
22.
完成画像!



(1枚目のJTrim)
23.
ブログ用に縮小する。

イメージ→リサイズで縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に500の数値を入れる。(縦は自動的に396pxになる)

500×396のサイズになる。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system