回転するGIFアニメの作成

BACKHOMENEXT


XmasシーズンになるとGIFアニメの作品を多く見かける様になります。回転するイルミネーションを作成したので”来年用”として、記載することにしました。 作成過程が簡単になる様にコマ数を少なくしましたが 過程が理解出来たら、各自で好みのサイズに仕上げてみて下さい。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



@基本になる円柱形の作成方法について記載します。

(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、ファイル→新規作成で、500×100の白紙作成する。

イメージ→円形切抜きする。
背景:白
枠線をつけるにチェックを入れる。 枠の幅:5
枠の色:(190:0:0)

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 下のみ:300px 色:白色で作成する。



(1枚目のJTrim)
3.
イメージ→シフトする。

縦軸の移動量:300 シフトする。

編集→コピーしてから、元に戻す。



(1枚目のJTrim)
4.
編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
5.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:290 (座標2) X:500 Y:350 の数値を入れて、×で閉じる。



(1枚目のJTrim)
6.
塗りつぶす。
色:白色 許容範囲:100で塗りつぶす。



(1枚目のJTrim)
7.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:1 Y:0 (座標2) X:499 Y:400 の数値を入れて、切り取る。



(1枚目のJTrim)
8.
左図の様に2ヶ所を塗りつぶす。
色:黒色 許容範囲:50で塗りつぶす。



(1枚目のJTrim)
9.
イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上:40 下:50 左右:41 色:白色で作成する。

以上で、基本になる円柱形の完成!



(1枚目のJTrim)
10.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:40 Y:90 (座標2) X:540 Y:490 の数値を入れて、×で閉じる。




A次に円柱形へ合成する画像の作成方法について記載します。

(2枚目のJTrim)
1.
2枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、500×400のサイズにする。

編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
2.
編集→連結:右へ連結する。

1000×400の画像が出来る。



(2枚目のJTrim)
3.
1000×400の画像を50pxの幅だけずらして切り取っていく。

1枚目はそのまま、イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:0 (座標2) X:500 Y:400 の数値を入れて、切り取る。

切り取った画像は、必ず何枚目の画像か分かるような名前のつけ方をして保存する。(説明上、画像にb入れているが、実際には画像にbヘ入れない)

1画像



(2枚目のJTrim)
4.
(元に戻してから、イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、ドラッグして、範囲指定枠を移動させる。以降同じ操作の為に省略))

2枚目は50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:50 Y:0 (座標2) X:550 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

2画像



(2枚目のJTrim)
5.
3枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:100 Y:0 (座標2) X:600 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

3画像



(2枚目のJTrim)
6.
4枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:150 Y:0 (座標2) X:650 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

4画像



(2枚目のJTrim)
7.
5枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:200 Y:0 (座標2) X:700 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

5画像



(2枚目のJTrim)
8.
6枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:250 Y:0 (座標2) X:750 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

6画像



(2枚目のJTrim)
9.
7枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:300 Y:0 (座標2) X:800 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

7画像



(2枚目のJTrim)
10.
8枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:350 Y:0 (座標2) X:850 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

8画像



(2枚目のJTrim)
11.
9枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:400 Y:0 (座標2) X:900 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

9画像



(2枚目のJTrim)
12.
10枚目も50pxだけ右にずらして、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:450 Y:0 (座標2) X:950 Y:400 の数値が表示されたら、切り取る。

10画像

以上で、10コマの画像完成!

残りの11コマめの画像は50pxずらすと、1枚目と重複する為に切り取らない!(重複した場合には、画像が一瞬遅れる感じに見える)




B次に円柱形の回転部への画像の合成方法について記載します。

(2枚目のJTrim)
1.
名前を付けて保存しておいた1画像をJTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
2.
1枚目のJTrimに戻って↑@の10で設定した範囲指定枠が表示されているのを確認してから

編集→合成:加算で合成する。

合成した画像は、同じ”ahをつけて保存する。

1画像



(2枚目のJTrim)
3.
名前を付けて保存しておいた2画像をJTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
4.
1枚目のJTrimに戻り、元に戻して範囲指定枠が表示されている状態で

編集→合成:加算で合成する。

合成した画像は、同じ”ahをつけて保存する。

2画像

(以降、3画像10画像まで、同じ方法で合成を繰り返す。)

注意しなければいけないのは、合成時にb間違えない事!bェだぶったり、ずれたりすると、アニメにした際に動きがおかしくなる)




(1枚目のJTrim)
追記 1.
明るい画像を用いて、回転部へ合成した場合、左の画像の様に
円柱形の上部半分に画像がはみ出した感じになる場合がある。その場合の対処方法を追加記載しておきます。



(2枚目のJTrim)
追記 2.
2枚目のJTrimを立ち上げて、上記@−1と同じ画像を作成してから内側を黒で塗りつぶす。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
追記 3.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:40 Y:40 (座標2) X:540 Y:140 の数値を入れて、×で閉じる。



(1枚目のJTrim)
追記 4.
編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
追記 5.
以上で、上部半分の画像を消すことが出来ます。

はみ出した画像の処理を全て終えてから以降の作成過程へ進みます。




C次に円柱形の上部に合成する画像の作成方法について記載します。

(1枚目のJTrim)
1.
1画像10画像まで、全て、合成、及び名前を付けて保存したら上側の部分の画像を作成します。

ファイル→新規作成で、500×100の白紙作成する。

塗りつぶす 色:任意ですが、先ず参考例で作成してみて下さい。
参考例(255:221:255)



(1枚目のJTrim)
2.
加工→ブロック加工する。

ブロックの幅:4
ブロックの高さ:4



(1枚目のJTrim)
3.
加工→渦巻き加工する。

渦の角度:最大。



(1枚目のJTrim)
4.
カラー→RGBの度合いクリックする。

赤色の度合い:40
緑色の度合い:−70
青色の度合い:20 を設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
5.
カラー→ネガポジ反転する。



(1枚目のJTrim)
6.
カラー→ガンマ補正する。

ガンマ値の設定:4.0にしてOKクリックする。



(1枚目のJTrim)
7.
イメージ→円形切抜きする。
背景:黒
枠線を入れるにチェックを入れる。 枠の幅:5
枠の色:黒



(1枚目のJTrim)
8.
加工→フェードアウトをかける。

表示→背景色を黒にする。

フェードする範囲:20
円形フェードアウトをかける。

名前をつけて保存する。

名称参考例SMP.1



(1枚目のJTrim)
9.
カラー→RGB交換する。

名前をつけて保存する。

名称参考例SMP.2



(1枚目のJTrim)
10.
再度、カラー→RGB交換する。

名前をつけて保存する。

名称参考例SMP.3



(1枚目のJTrim)
11.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.1を、JTrim上に開く。

カラー→ガンマ補正する。

ガンマ値の設定:0.20にしてOKクリックする。

名前をつけて保存する。

名称参考例SMP.1−2



(1枚目のJTrim)
12.
元に戻してから、再度、カラー→ガンマ補正する。

ガンマ値の設定:0.40にしてOKクリックする。

名前をつけて保存する。

名称参考例SMP.1−3



(1枚目のJTrim)
13.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.2を、JTrim上に開く。

カラー→ガンマ補正する。

ガンマ値の設定:0.20にしてOKクリックする。

名前をつけて保存する。

名称参考例SMP.2−2



(1枚目のJTrim)
14.
元に戻してから、再度、カラー→ガンマ補正する。

ガンマ値の設定:0.40にしてOKクリックする。

名前をつけて保存する。

名称参考例SMP.2−3

以上で上部の合成に用いるパーツ作成完了です!




D次に円柱形の上部への画像の合成方法について記載します。この過程が完了すればアニメ用画像の完了です!

(1枚目のJTrim)
1.
ファイル→開くから、保存しておいた1画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:40 Y:40 (座標2) X:540 Y:140 の数値を入れて、切り取る。

元に戻して、範囲指定枠を表示させた状態で2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
2.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.1−2を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。

左図では、画像が隠れる為に、ツールバーのアイコンをクリックしてコピーしていますが、アイコンが覚えにくいと思われる方は、説明通りにメニューバーの編集→コピーをクリックして下さい。



(1枚目のJTrim)
3.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。(明るい画素優先でも良い)

同じ”ahをつけて保存する。(上書き保存すれば良い)

1画像



(1枚目のJTrim)
4.
ファイル→開くから、保存しておいた2画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
5.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.1−3を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
6.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

2画像



(1枚目のJTrim)
7.
ファイル→開くから、保存しておいた3画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
8.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.1を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
9.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

3画像



(1枚目のJTrim)
10.
ファイル→開くから、保存しておいた4画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
11.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.2を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
12.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

4画像



(1枚目のJTrim)
13.
ファイル→開くから、保存しておいた5画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
14.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.3を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
15.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

5画像



(1枚目のJTrim)
16.
ファイル→開くから、保存しておいた6画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
17.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.2-2を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
18.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

6画像



(1枚目のJTrim)
19.
ファイル→開くから、保存しておいた7画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
20.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.2-3を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
21.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

7画像



(1枚目のJTrim)
22.
ファイル→開くから、保存しておいた8画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
23.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.2を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
24.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

8画像



(1枚目のJTrim)
25.
ファイル→開くから、保存しておいた9画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
26.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.1を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
27.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

9画像



(1枚目のJTrim)
28.
ファイル→開くから、保存しておいた10画像を、JTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、範囲指定枠が表示されたら、×をクリックしてダイアログボックスを閉じる。

2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
29.
ファイル→開くから、保存しておいたSMP.3を、JTrim上に開く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
30.
1枚目のJTrimに戻って、
編集→合成:加算で合成する。

同じ”ahをつけて保存する。

10画像

以上でアニメ作成用の画像完了です!



最後にアニメ化する為に、範囲指定して余分な余白をカットしたり、リサイズして画像の縮小化を行って出来るだけ容量を少なくする様に各自で工夫してください。




次にアニメの作成方法については、"JTrim Ringの「We Love JTrim」の" miyaさんのサイトに、詳しく掲載されていますので、参考にして頂きたいと思います。

初めての方は、"こちらTutorial"サイドメニューから、バックナンバーをクリックしてアニメの項目を参考にされると分かり易いと思います。

又、同じくバックナンバーのTipsでは"アニメのダイエット"に関して、記載されていますので参考にして頂きたいと思います。

作成過程が長くなり、アニメ作成部分に関しては省略した形になりましたことをお詫び致します。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system