レース風縁取りの画像作成

BACKHOMENEXT


レース風といえるのか?レース模様と格子状の枠を合成して縁取りを作成してみました。作成手順は参考なので、各自でレース模様や、色の調整等を工夫してみて下さい。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimを立ち上げて、新規作成で1000×1000の白紙作成。

編集→文字入れ
フォント:MS明朝
サイズ:30
文字色:黒
「下線」のボタンをONにする。
「行間」:0.6に設定する。

スペースキーで白紙にラインを入れて、仕上げる。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。
保存は、BMPで保存します。



(1枚目のJTrim)
編集→コピーしてから、右へ90度回転する。

上記のサイズ、行間により、格子状の大きさが変えられます。下記のウエーブ値の変更も共に調整して見てく下さい。



(1枚目のJTrim)
編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
加工→ウエーブをかける。

大きさ:2を設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
任意角度回転で右へ45度回転する。

四角形に切り取る為に範囲指定する。
イメージ→座標指定切抜きで切り取る。

四辺の切り取った形状がほぼ同じ感じに見えるように切り取る。



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを立ち上げ、保存しておいた画像を開く。

以前に使用したレース模様が見つからない為に、新たに"「ほっこりまったり茶室」様のサイトの素材の中から、

"LaceKabe2" の、素材をお借りしました。


色とサイズ変更はお気軽にとのことだが、再配布は禁止となっているので注意!



(2枚目のJTrim)
背景色を白にして、画像を少し拡大しておく。

加工→エッジの強調を最大にする。



(2枚目のJTrim)
画像の中心部を塗りつぶす。

色:白色 許容範囲:0で塗りつぶす。

色違いの部分を塗りつぶす。

色:黒色 許容範囲:0で塗りつぶす。



(2枚目のJTrim)
画像をギリギリに範囲指定する。

イメージ→座標指定切抜きで切り取る。



(2枚目のJTrim)
切り取り後の画像を、右へ90度回転してから、編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
編集→右へ連結する。

編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
編集→右へ連結する。

編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
編集→右へ連結する。

イメージ→リサイズする。

1枚目のJTrimで作成した格子状の画像の縦のサイズにリサイズする。縦と横の比率を保持するにチェックをいれておく。

参考例は、横を530pxにする。



(2枚目のJTrim)
左へ90度回転してから、カラー→2階調化する。

クリック後に表示された、しきい値のままOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
カラー→ネガポジ反転する。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrinに戻る。



(1枚目のJTrim)
1枚目の」JTrimに戻って、編集→合成:明るい画素優先で合成する。

この時点で、一手間加えて、レース模様が重なる部分に残っている黒いラインを範囲指定して、塗りつぶすと仕上がりが綺麗になる。但し、消し過ぎに注意する!



(1枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを開いて, 2階調化する前の画像まで戻って、編集→コピーしてから、1枚目のJTrinに戻る。

今回の様に、モノクロの画像の場合、2階調化の画像を用いた方が良い場合もあるので、画像により、対応して下さい。



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimに戻って、編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
イメージ→ミラーで反転する。



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを開いて、ネガポジ反転した画像まで戻して編集→コピーしてから、1枚目のJTrinに戻る。



(1枚目のJTrim)
1枚目の」JTrimに戻って、編集→合成:明るい画素優先で合成する。

この時点で、一手間加えて、レース模様が重なる部分に残っている黒いラインを範囲指定して、塗りつぶすと仕上がりが綺麗になる。但し、消し過ぎに注意する!



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを開いて、2階調化する前の画像まで戻って、編集→コピーしてから、1枚目のJTrinに戻る。

今回の様に、モノクロの画像の場合、2階調化の画像を用いた方が良い場合もあるので、画像により、対応して下さい。



(1枚目のJTrim)
1枚目の」JTrimに戻って、編集→合成:暗い画素優先で合成する。

編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
塗りつぶす。色:白色で許容範囲:100で塗りつぶす。

他のやり方として、編集→全選択→Delete(背景色:白)もある。

塗りつぶし後に、編集→合成:透明度指定:70で合成する。



(1枚目のJTrim)
カラー→RGBの度合いで着色する。各自が任意で着色する。

参考例は、赤の度合い:130
緑の度合い:−145
青の度合い:−34



(1枚目のJTrim)
編集→合成:明るい画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
(この部分は任意で良い)更に、カラー→HSVカラー調整をする。

色相:150
彩度:−17
明度:92

(1枚目のJTrim)
編集→合成:明るい画素優先で合成する。

編集→コピーする。

この画像の場合は、不要な過程だが、着色された場合に必要な過程なので、記載しておく。



(1枚目のJTrim)
塗りつぶす。色:白色で許容範囲:100で塗りつぶす。

塗りつぶし後に、イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:黒で切り抜く。



編集→合成:明るい画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
イメージ→角丸切抜きする。

丸め半径:0
背景色:白
枠線の幅:6
色:任意 参考例:(249:89:189)



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを開いて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、1枚目で作成した縁取りと同じサイズにする。

イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く(デフォルトの状態)



(2枚目のJTrim)
加工→フェードアウトをかける。

円形フェードアウトで、背景色:白色
フェードする範囲:任意(画像に応じて調整する)

編集→コピーする。

白以外のフェードアウト時は、円形切抜きしてから、コピーする。



(2枚目のJTrim)
円形切抜きする前まで元に戻して。

合成:透明度指定:40で合成する。



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimに戻り、カラー2階調化する。

しきい値の設定が難しいと、思うが、模様がかすんだり、黒つぶれを起こさないように設定する。

この場合には、目安として、縦横の縁取り(四角形のライン)が表示された値で、OKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
カラー→ネガポジ反転する。

編集→コピーしてから、2枚目のJTrinに行く。



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを開いて

編集→合成:明るい画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimに戻って、2階調化する前の画像まで戻して、編集→コピーしてから、2枚目のJTrinに行く。



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを開いて、

編集→合成:暗い画素優先で合成する。



各自で、最終処理して完成!

参考例では、加工→立体枠をつける 太さ:5 スムース

イメージ→影をつける。影の色:黒
横位置オフセット:5 縦位置オフセット:5
ぼかしの大きさ:5 透明度:50



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system