超新星&ガラス加工とパンチ加工で額縁作成

BACKHOMENEXT


画像投稿掲示板の額縁再現中に黒背景に超新星加工をかけてネガポジ反転後、ガラス加工を加えてみたら... 今回も加工方法として目新しいものはなく、JTrimの基本的な加工の組み合わせの為に、似た様な額縁を作成されている方があるかも知れません。出来上がりの開口部の形を活かす為に加算合成を用いたので合成時に問題が起きる場合もあるのでは...?と思います。 



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、ファイル→新規作成で、1000×1000の黒の台紙を作成する。

加工→超新星をクリックする。
クロスしたラインを、正方形の中心部に設定して、クリックする。

クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので

500.500の位置に、設定する。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
超新星のダイアログボックスに

超新星の色:任意;参考例(0:255:0)
半径:100
放射線の数:3
乱数色相:0を設定してOKクリックする。



(1枚目のJTrim)
3.
カラー→ネガポジ反転する。



(1枚目のJTrim)
4.
加工→ガラス処理をする。

ガラスの処理単位:最大
横ガラス処理;縦ガラス処理共にチェックをいれてOKクリックする。



(1枚目のJTrim)
5.
加工→パンチ加工する。

パンチの強さ:最大を1回かける。

開口部を広げたい場合は、更にパンチ加工を強さ:10〜20位かける。
但し開口部の形状も変化する。



(1枚目のJTrim)
6.
イメージ→リサイズする。

縦横の比率を保持するのチェックを外して、縦に800の数値を入れる。

1000×800のサイズにする。



(1枚目のJTrim)
7.
加工→立体枠をつける。
枠の太さ:45 凹ませる。



(1枚目のJTrim)
8.
加工→立体枠をつける。
枠の太さ:40 スムース

3回かける。



(1枚目のJTrim)
9.
額縁完成!

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:210 Y:170 (座標2) X:790 Y:630 の数値を入れて、×で閉じる。

この状態で置いておき、2枚目のJTrimを立ち上げる。

この座標値は出来上がりの開口部に応じて、数値設定を行う。
開口部の周辺を囲み切り取ってから、サイズ確認して画像サイズを決めれば良い。



(2枚目のJTrim)
10.
2枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、580×460のサイズにする。



(2枚目のJTrim)
11.
イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:黒で切り抜く。



(2枚目のJTrim)
12.
編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
13.
1枚目のJTrimに戻って、9の範囲指定枠の表示を確認して

編集→合成:加算で合成する。



(1枚目のJTrim)
14.
イメージ→リサイズする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に500の数値を入れる。

500×400のサイズにする。



(1枚目のJTrim)
15.
完成画像!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system