フォントとウエーブ加工で額縁作成

BACKHOMENEXT


以前に、●を使って額縁作成をしたことがあるのだが○にしたら...?? と、言う訳で、額縁を作成してみましたが、出来上がった額縁に合う画像が無い!切り抜き画像を作成過程で用いるのはどうかと... 皆さんで試してみてもらえればと思います。 


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、新規作成で600×450の白紙作成する。

イメージ→円形切抜きする。
背景色:白
枠線の幅:1
枠の色:黒

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
円形の四分の一を切り取る。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:0 (座標2) X:300 Y:225 の数値を入れて、切り取る。



(1枚目のJTrim)
3.
切り取った円のラインに沿って
編集→文字入れで、色違いの○を入れる。

フォント:MS明朝
文字のまる→○に変換
サイズ:80
文字色は:任意



(1枚目のJTrim)
4.
文字入れする際に注意するポイントとして

@最初と最後の○と白紙の端に隙間を作らない!

A○と○の接する部分に隙間を作らない!

隙間が出来ると11の塗りつぶし時に色が下部に広がる為



(1枚目のJTrim)
5.
6個の○を入れ終えたら、編集→コピーする。

コピー後に、イメージ→ミラーで反転する。



(1枚目のJTrim)
6.
編集→連結:左へ連結する。



(1枚目のJTrim)
7.
編集→コピーする。

コピー後に、イメージ→フリップで反転する。



(1枚目のJTrim)
8.
編集→連結:上へ連結する。



(1枚目のJTrim)
9.
連結後の画像の上下左右の空いている部分に
編集→文字入れで、色違いの○を入れる。

フォント:MS明朝
文字のまる→○に変換
サイズ:80
文字色は:任意

文字入れする際に注意するポイントとして
@同じ色が隣接しないようにする!
A○と○の接する部分に隙間を作らない!



(1枚目のJTrim)
10.
基本形の完成!

この画像に名前を付けて保存しておき、以降の作成過程を色の変更等を行って作成に用いる。

又、これ以降の作成過程から進みたい方は、クリック後の拡大画像を右クリックして、名前を付けて画像を保存で持ち帰ってから使って下さい。

但し、持ち帰られた画像は、白い部分が、濁った状態ですので、白色を使って、許容範囲:30〜50位で、全ての白い部分を塗りつぶしてから使って下さい。



(1枚目のJTrim)
11.
左図の様に塗りつぶしを行う。

色:任意  参考例:(255:0:128)
許容範囲:0に設定して塗りつぶす。

この色により、仕上げの色が変わるので、上記10で保存した画像を用いて、色を変えて試して下さい。



(1枚目のJTrim)
12.
イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上下左右:20 色:白色で作成する。



(1枚目のJTrim)
13.
加工→ウエーブをかける。5回かける。

1回目の大きさ:7×1回
2回目の大きさ:2×1回
3回目の大きさ:5×1回
4回目の大きさ:1×2回

ウエーブのダイアログボックスは、1回目の数値で、画像は、5回かけた後の仕上がり画像



(1枚目のJTrim)
14.
加工→ぶれ加工する
ぶれの大きさ:5で加工する。



(1枚目のJTrim)
15.
カラー→ネガポジ反転する。



(1枚目のJTrim)
16.
カラー→ガンマ補正をクリックする。

ガンマ値:最大にしてOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
17.
左図の様に円周外と内側の2箇所を塗りつぶす。

色:白色  許容範囲:0に設定して塗りつぶす。



(1枚目のJTrim)
18.
画像合成部分の範囲を少しだけ広げる。

加工→パンチ加工する。

パンチの強さ:5を1回かける。



(1枚目のJTrim)
19.
額縁部分の完成!

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:85 Y:85 (座標2) X:555 Y:405 の数値を入れて、×で閉じる。

この状態で置いておき、2枚目のJTrimを立ち上げる。



(2枚目のJTrim)
20.
2枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、470×320のサイズにする。

画像のサイズ変更については、こちらの”合成する画像のサイズを作成する。” を、参照して下さい。



(2枚目のJTrim)
21.
加工→円形フェードアウトをかける。

色:任意
画像に応じて、表示→背景色をクリックして、フェードアウトに用いる色を設定する。

尚、この過程は各人の画像や好みに応じて省略しても良い。



(2枚目のJTrim)
22.
イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。

今回の様に、白のフェードアウトの場合には、この過程は不要だが、他の色の場合に必要な為に記載しておく。



(1枚目のJTrim)
23.
1枚目のJTrimに戻って、19の範囲指定枠の表示を確認して

編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
24.
完成画像!



(1枚目のJTrim)
ブログ用に縮小する。

イメージ→リサイズで縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に500の数値を入れる。(縦は自動的に383pxになる)

500×383のサイズになる。

縮小した際に、背景の白い部分が格子状に汚れた場合は、白を用いて、許容範囲:5〜10位で塗りつぶす。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system