フォントと超新星加工で縁取り作成

BACKHOMENEXT


前回に続いてフォントを用いた円形縁取りを考えてみました。 1枚目は花びらの作成ですが、フリーフォントを用いれば不要なので、使えるフォントがあれば、手持ちのフォントを用いて手順を参考に作成してみて下さい。
*最初、超新星加工の代わりに、ブラインド加工で作成しましたが、最後にjpgに変換すると画像が濁る為に、断念しました。(bmpなら綺麗です。試みたい方は、超新星加工の代わりにブラインド加工、水平、垂直をかけてみて下さい。) 


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。

説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)

メニュバーの項目から入る表示方法を優先しますが、画像が隠れてしまう等の場合にツールバーのアイコンで表示する場合もあります。



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、ファイル→新規作成で、100×100の白紙作成する。

編集→文字入れクリックする。
フォント:Webdings 大文字のY    ;文字色:赤(255:0:0)
サイズ:110 その他の設定は、左図表示のダイアログボックス参照。

白紙の上端と左端に、左図の様にハートの右半分だけを出して下部を少し空ける。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
画像を、イメージ→ミラー反転する。

ミラー反転後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
3.
コピー後、元に戻してから

編集→連結:左へ連結する。



(1枚目のJTrim)
4.
イメージ→フリップ反転する。

フリップ反転後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
5.
コピー後、元に戻してから

編集→連結:下へ連結する。

画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
6.
イメージ→右へ90度回転してから

編集→合成:暗い画素優先で合成する

花びらの完成!



(1枚目のJTrim)
7.
イメージ→リサイズする。

縦横の比率を保持するにチェックを入れて横に80の数値を入れる。

80×80のサイズにする。



(1枚目のJTrim)
8.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:40 Y:0 (座標2) X:80 Y:0 の数値を入れて、切り取る。



(1枚目のJTrim)
9.
画像を、イメージ→ミラー反転する。

ミラー反転後の画像を編集→コピーしてから、2枚目のJTrimを立ち上げる。。



(2枚目のJTrim)
10.
2枚目のJTrimを立ち上げて、ファイル→新規作成で、245×245の白紙作成する。

編集→合成貼り付けで、右上へ左図の様に張り付ける。

貼り付け後に1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)
11.
1枚目のJTrimに戻って、イメージ→右へ90度回転する。

画像を編集→コピーしてから、再び、2枚目のJTrimに行く。



(2枚目のJTrim)
12.
2枚目のJTrimに戻って、編集→合成貼り付けで、左下へ左図の様に張り付ける。



(2枚目のJTrim)
13.
画像を、イメージ→ミラー反転する。

ミラー反転後の画像を編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
14.
コピー後、元に戻してから

編集→連結:右へ連結する。



(2枚目のJTrim)
15.
イメージ→フリップ反転する。

フリップ反転後の画像を編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
16.
コピー後、元に戻してから

編集→連結:下へ連結する。



(2枚目のJTrim)
17.
イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上下左右に:5 色:白色で作成する。

画像を編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
18.
背景色を白色にする。

編集→全選択をクリックする。

画像全体が範囲指定枠で囲まれる。



(2枚目のJTrim)
19.
任意角度回転で右へ45度回転する。

画像を編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
20.
コピー後、元に戻してから

編集→合成:暗い画素優先で合成する。

画像を編集→コピーする。(24で用いる)



(2枚目のJTrim)
21.
加工→超新星をクリックする。
クロスしたラインを、画像の中心部に設定して、クリックする。(今回は大体の位置で良い)

クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので

250.250の位置に、設定する。



(2枚目のJTrim)
22.
超新星のダイアログボックスに

超新星の色:任意;参考例(255:0:128)
半径:100
放射線の数:任意;参考例:500
乱数色相:任意;参考例:150を設定してOKクリックする。



(2枚目のJTrim)
23.
加工→ウエーブをクリックする。

ウエーブの大きさ:1に設定してOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
24.
編集→合成:明るい画素優先で合成する。



(2枚目のJTrim)
25.
合成後の画像を編集→コピーして、他のJTrimに編集→貼り付けしてておく。

(又は、名前を付けて保存しておく)



(2枚目のJTrim)
26.
超新星加工前の20の画像まで戻す。

カラー→RGB交換を2回行って、緑色に変換する。

画像を編集→コピーする。(30で用いる)



(2枚目のJTrim)
27.
加工→超新星をクリックする。
クロスしたラインを、画像の中心部に設定して、クリックする。(今回は大体の位置で良い)

クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので

250.250の位置に、設定する。



(2枚目のJTrim)
28.
超新星のダイアログボックスに

超新星の色:任意;参考例(255:0:128)
半径:100
放射線の数:任意;参考例:500
乱数色相:任意;参考例:150を設定してOKクリックする。



(2枚目のJTrim)
29.
加工→ウエーブをクリックする。

ウエーブの大きさ:1に設定してOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
30.
編集→合成:明るい画素優先で合成する。



(他のJTrim)
31.
25で、貼り付けておいた、他のJTrimを開いて(又は、名前を付けて保存しておいた画像を開く)

画像を編集→コピーしてから、2枚目のJTrimに戻る。



(2枚目のJTrim)
32.
2枚目のJTrimに戻って、任意角度回転で右へ22.5度回転する。

全選択の状態であること。



(2枚目のJTrim)
33.
編集→合成:暗い画素優先で合成する

編集→選択解除する。



(2枚目のJTrim)
34.
縁取り部分の完成!

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:65 Y:65 (座標2) X:435 Y:435 の数値を入れて、×で閉じる。

この状態で置いておき、3枚目のJTrimを立ち上げる。

中に入れる画像が明るい場合は範囲指定枠を広げる。(座標1) X:60 Y:60 (座標2) X:440 Y:440 ;画像サイズ380×380にする。



(3枚目のJTrim)
35.
3枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、370×370のサイズにする。

画像のサイズ変更については、こちらの”合成する画像のサイズを作成する。” を、参照して下さい。



(3枚目のJTrim)
36.
加工→円形フェードアウトをかける。

色:任意
画像に応じて、表示→背景色をクリックして、フェードアウトに用いる色を設定する。

明るい背景色の方が良い。
暗い色や、フェードアウトを省略したい場合は、補足説明を参照する。



(3枚目のJTrim)
37.
イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く。

編集→コピーしてから、2枚目のJTrimに戻る。



(2枚目のJTrim)
38.
2枚目のJTrimに戻って、34の範囲指定枠の表示を確認して

編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(2枚目のJTrim)
39.
完成画像!




中に入れる画像が暗い場合は、下図の様に、画像に接する縁取りが消えてしまいます。
その場合のやり方の参考例を記載しておきます。

(AのJTrim)
補足説明1.
上記、本文35の画像を、36を省略して、フェードアウトをかけずに、37の円形切り抜きをして、38で、合成した場合の画像です。



(AのJTrim)
補足説明2.
円形切り抜き後の中に入れる画像:370×370に余白を作成して縁取り画像と同じ500×500のサイズにする。

イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上下左右に:65 色:白色で作成する。



(BのJTrim)
補足説明3.
BのJTrimに、縁取り画像を開いて、縁取り画像を、カラー→2諧調化する。

境界のしきい値は、画像により各自で調整して下さい!



(BのJTrim)
補足説明4.
2諧調化した画像をカラー→ネガポジ反転する。

編集→コピーしてから、AのJTrimに行く。



(AのJTrim)
補足説明5.
AのJTrimに戻って、編集→合成:明るい画素優先で合成する。

BのJTrimに行く。



(BのJTrim)
補足説明6.
2諧調化する前の画像まで戻してから

編集→コピーしてから、AのJTrimに戻る。



(AのJTrim)
補足説明7.
AのJTrimに戻って、編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(AのJTrim)

完成画像!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system