スポットライト、連結、パンチ加工で縁取り作成

BACKHOMENEXT


スポットライト加工した画像を連結したら・・・前回に続いて連結で遊んでみました。 スポットライト加工の代わりに文字入れの●でも似た形状は出来ますが・・・質感が異なるのでは・・・円形切り抜き画像に黒のフェードアウト加工すれば・・・??興味のある方は各自でお試し下さい。 


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、新規作成で100×100の白紙作成する。

カラー→単色カラースケールをクリックする。

色の設定ダイアログボックスで、任意の色を選び OKをクリックする。 参考例の色:(255:0:128)

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
加工→スポットライトをクリックする。
クロスしたラインを、正方形の中心部に設定して、クリックする。

クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので

50.50の位置に、設定する。



(1枚目のJTrim)
3.
スポットライトのダイアログボックスに

大きさ:50

明るさの減衰レベル:7.0

「背景を白にする」のチェックを外してから、OKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
4.
スポットライト加工後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
5.
編集→連結:左へ連結する。

連結後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
6.
編集→連結:上へ連結する。



(1枚目のJTrim)
7.
加工→つまむをクリックする。

つまむ強さ:100に設定して、OKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
8.
加工→ウエーブをかける。3回かける。

1回目の大きさ:3
2回目の大きさ:1
3回目の大きさ:2

ウエーブのダイアログボックスは、1回目の数値で、画像は、3回かけた後の仕上がり画像

ウエーブ加工後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
9.
編集→連結:左へ連結する。

連結後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
10.
編集→連結:上へ連結する。



(1枚目のJTrim)
11.
加工→つまむをクリックする。

つまむ強さ:50に設定して、OKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
12.
つまむ加工後の画像を編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
13.
編集→連結:左へ連結する。

連結後の画像を編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
14.
編集→連結:上へ連結する。



(1枚目のJTrim)
15.
加工→パンチ加工する。

パンチの強さ:最大にしてOKをクリックする。

同じ操作をもう一度行う。(計2回のパンチ加工を行う)

ダイアログボックスの画像は、パンチ加工1回目で、背景画像はパンチ加工を2回行った仕上がり画像。



(1枚目のJTrim)
16.
リサイズする。

イメージ→リサイズで、縦横の比率を保持する のチエックを外す。

500×375に設定する。



(2枚目のJTrim)
17.
カラー→RGB交換を2回行って、左図掲載の色に変える。

RGB交換後の画像を編集→コピーしておいてから、2枚目のJTrimを立ち上げる。



(1枚目のJTrim)
18.
2枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、500×375のサイズにする。

画像のサイズ変更については、こちらの”合成する画像のサイズを作成する。” を、参照して下さい。



(1枚目のJTrim)
19.
編集→合成:加算で合成する。

又、合成後に、元画像や、好みに応じてカラー→ヒストグラム→ノーマライズをかけても良い。



(1枚目のJTrim)
20.
加工→立体枠をつける。
枠の太さ:10 スムース。



(1枚目のJTrim)
21.
完成画像!





加算減産を用いた合成では、合成に用いる画像による影響が大きく、仕上がりも大きく変化します。作成例は、基本形の参考だととらえて、各自で工夫して頂ければと思います。初心者だから、全く分からないとお怒りになるかも知れませんが、遊びだと割り切っていろいろ適当に弄ってみたら意外に良い効果が生まれる場合もあるのでは・・・??

1.
この画像の場合は、下地処理として、フェードアウト加工を行っています。



2.
左図の様に、余白を作成してから、範囲指定枠でフェードアウトのかけ方をコントロールしながら処理しています。
円形と円形フェードアウトのチェックを外したのと4〜5回位かけています。

フェードアウト後に、余白の大きさ分を範囲指定して切り取り500×375のサイズにします。

最終的に、立体枠をつける前にも、白色で円形フェードアウトのチェックを外して、範囲:10でフェードアウト処理を行っています。



3.
加算合成に用いた縁取り画像は、上記16のRGB交換前の画像です。



4.
加算合成に用いた元画像です。



5.
下地処理をしないで、直接加算合成した場合の仕上がり画像です。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system