角丸切り抜きライン加工で縁取り作成

BACKHOMENEXT


角丸切り抜きのラインを加工して縁取りを作成してみました。 加算合成の為、元画像により変化する効果を活用して  下地処理を変えて加算合成による変化を楽しむことにしました。 


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、ファイル→新規作成で、500×500の白紙作成する。

イメージ→角丸切抜きをする。

丸め半径:0
背景色:枠線と同色
枠線をつけるにチェックを入れる。
枠線の幅:1
枠の色:任意 参考例 (0:255:0)

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
編集→全選択をクリックする。

画像全体が範囲指定枠で囲まれる。



(1枚目のJTrim)
3.
任意角度回転で右へ45度回転する。



(1枚目のJTrim)
4.
加工→ぶれ加工する。(1回目)

ぶれの大きさ:10を設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
5.
加工→ウエーブをかける。3回かける。

1回目の大きさ:5
2回目の大きさ:2
3回目の大きさ:3

ウエーブのダイアログボックスは、1回目の数値で、画像は、3回かけた後の仕上がり画像



(1枚目のJTrim)
6.
加工→ぶれ加工する。(2回目)

ぶれの大きさ:10を設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
7.
カラー→ヒストグラム→ノーマライズをかける。

ノーマライズをかけた画像を、編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
8.
任意角度回転で右へ45度回転する。

全選択された状態であること。
解除している場合は、編集→全選択をクリック後に、回転する。



(1枚目のJTrim)
9.
編集→合成:暗い画素優先で合成する。

全選択を解除する。



(1枚目のJTrim)
10.
カラー→ネガポジ反転する。
縁取り完成!

ネガポジ反転後の画像を編集→コピーしてから、2枚目のJTrimを立ち上げる。

又、この時点で、RGB交換、RGB度合、HSVカラー調整等を用いて
縁取りの色を変えてから、用いてみて下さい。



(2枚目のJTrim)
11.
2枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、500×500のサイズにする。

画像のサイズ変更については、こちらの”合成する画像のサイズを作成する。” を、参照して下さい。

又、この時点で、元画像が明るすぎる場合には、少し暗くなる様に
カラー→ガンマ補正で、レバーを左方向へスライドして
明るさの調整を行っても良い。



(2枚目のJTrim)
12.
@番目の下地処理として、円形フェードアウト加工する。

加工→フェードアウトをクリックする。

フェードする範囲;任意 参考例:20
円形フェードアウトにチェックを入れる
色:任意 参考例:(0:0:64)
画像に応じて、表示→背景色をクリックして、フェードアウトに用いる色を設定する。



(2枚目のJTrim)
13.
編集→合成:加算で合成する。



(2枚目のJTrim)
14.
加工→立体枠をつける。
枠の太さ:15 スムース



(2枚目のJTrim)
15.
完成画像!



(2枚目のJTrim)
15-2.
加工→立体枠をつけるで
1回目に、枠の太さ:20 凹ませる

2回目に、枠の太さ:15 スムースを2回かけた完成画像!

立体枠部分も、各自で違ったやり方を試みて下さい。。

以降は、下地処理のみ掲載する。



(2枚目のJTrim)
16.
A番目の下地処理として、不透明度指定で塗りつぶす。

塗りつぶし色;任意 参考例(128:64:64)

許容範囲:100

不透明度;任意
参考例:30
 元画像に応じて、加算合成後の状態を見て各自で設定する。



(2枚目のJTrim)
17.
不透明度指定の塗りつぶしによる下地処理後に
加算合成した完成画像!



(2枚目のJTrim)
18.
B番目の下地処理として、カラー→グラデーションをかける。

色や、グラデーションの方向、不透明度の設定は任意

元画像に応じて、加算合成後の状態を見て各自で設定する。



(2枚目のJTrim)
19.
グラデーションによる、下地処理後に加算合成した完成画像!

その他、下地処理の方法を各自で試みて下さい。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system