ウエーブとぶれ加工で縁取り作成

BACKHOMENEXT


目新しいことでもなく、ウエーブとぶれ加工を用いて縁取りを作成してみました。ネガポジ反転を用いる際の反転前の色の設定に悩みますが、自分で作成したい色を作成して、ネガポジ反転させて表示された色の、赤、緑、青の値を設定してみて下さい。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimを立ち上げて、新規作成で600×450の白紙作成する。

イメージ→角丸切抜きする。
丸め半径:50
枠線の幅:2
色:任意 参考例(255:172:214)

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:15 Y:15 (座標2) X:585 Y:435 の数値を入れて、×で閉じる。



(1枚目のJTrim)
イメージ→角丸切抜きする。
丸め半径:50
枠線の幅:2
色:任意 参考例(0:206:0)

編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
範囲指定枠が、表示されるまで元に戻して

編集→合成:暗い画素優先で合成する。

範囲指定枠を外す。



(1枚目のJTrim)
加工→ウエーブをかける。

大きさ:3×1回
大きさ:1×2回かける。



(1枚目のJTrim)
加工→ぶれ加工する
ぶれの大きさ:2で加工する。



(1枚目のJTrim)
カラー→ネガポジ反転する。



(1枚目のJTrim)
カラー→ヒストグラム→ノーマライズをかける。



(1枚目のJTrim)
縁取り完成!

編集→コピーする。


この時点で、RGB度合いやHSVカラー調整により、色を変えたり出来る。(センターの黒い部分が着色した場合、そのまま、加算合成してみても良いし、縁取り完成時の画像をカラー→2階調化しておいて、暗い画素優先で合成してフィルター代わりに用いても良い)



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、縁取りと同じサイズにする。



(2枚目のJTrim)
明るい画像や、合成後に縁取りが見えにくくなる場合には、ここで加工→フェードアウトをかける。

フェードする範囲;背景色の設定は画像に応じて行うが、背景色は濃い色(暗い色)を設定する。

画像によっては、2段階のフェードアウトをかける。1回目を内側の縁取りに届くようにフェードする範囲を大きくとり、2回目は外側の縁取り用に背景色を変えてから範囲を小さくしてかける。(サンプル画像2枚目)



(2枚目のJTrim)
編集→合成:加算で合成する



(2枚目のJTrim)
イメージ→角丸切り抜きして、影をつける。
丸め半径:50
影の色:黒
横位置オフセット:5 縦位置オフセット:5
ぼかしの大きさ:5 透明度:50



完成画像!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system