フォント渦巻き加工の加減算による合成

BACKHOMENEXT


初期作品の見直しをと思い作成過程を眺めていて作成時点では、加算減算が合成に用いられていなかったので、加算減算を用いて合成すればどうなるのか?試してみた。合成する画像により色が変化するので、自分の思い通りの色が出せないのが難点だが、逆に思い通りの色が出せた時の喜びが大きいと思うのだが....?



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimを立ち上げて、新規作成で600×450の白紙作成する。

イメージ→円形切抜きする。
背景色:白
枠線の幅:1
枠の色:黒

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
円形の四分の一を切り取る。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:0 (座標2) X:300 Y:225 の数値を入れて、切り取る。



(1枚目のJTrim)
切り取った円のラインに沿って、編集→文字入れで、色違いの●を入れる。
フォント:MSゴシック
文字のまる→●に変換
サイズ:55
文字色は:任意



(1枚目のJTrim)
6個の●を入れ終えたら、編集→コピーする。

イメージ→ミラーで反転する。



(1枚目のJTrim)
編集→連結:左へ連結する。



(1枚目のJTrim)
編集→コピーする。

イメージ→フリップで反転する。



(1枚目のJTrim)
編集→連結:上へ連結する。



(1枚目のJTrim)
 加工→渦巻きをかける。

渦の角度:最大(±:任意)540 を3回かける。



(1枚目のJTrim)
加工→ぶれ加工する
ぶれの大きさ:5で加工する。



(1枚目のJTrim)
カラー→ネガポジ反転する。



(1枚目のJTrim)
カラー→ヒストグラム→ノーマライズをかける。



(1枚目のJTrim)
イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く(デフォルトの状態)



(1枚目のJTrim)
渦巻き縁取り完成!

編集→コピーする。


この時点で、RGB交換や、RGB度合い、HSVカラー調整により、色を変えたり出来る。(センターの黒い部分が着色した場合、縁取り完成時の画像をカラー→2階調化しておいて、暗い画素優先で合成してフィルター代わりに用いても良い)



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを立ち上げて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、縁取りと同じサイズにする。



(2枚目のJTrim)
明るい画像や、合成後に渦巻きラインが見えにくくなる場合には、ここで加工→フェードアウトをかける。

フェードする範囲;背景色の設定は画像に応じて行うが、背景色は濃い色(暗い色)を設定する。



(2枚目のJTrim)
編集→合成:減算で合成する



(2枚目のJTrim)
編集→合成:加算で合成する。



完成画像!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system