ガウスぼかしとガラス加工で額縁作成

BACKHOMENEXT

サンプル作成に用いた画像は、こちらのブログ☆〜longing<憧れ>〜☆のせれぶさんから、お借りしました。


今回は、ガウスぼかしにガラス加工を用いて仕上げる縁取り作成です。
前回同様に、JTrimの基本加工で、前回の画像処理のフェードアウト→塗りつぶしをガウスぼかし→ガラス加工に変えただけの簡単加工です。
ガラス加工の部分を他の加工に変えて、いろいろと各自で試みて頂ければと思います。
作成前に、加工に用いる写真の元画像は別に保存しておいて下さい。


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
塗りつぶしの許容範囲の数値は、写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてクリックで拡大画像が表示されます。文字の場合にはリンクします。

説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)

メニュバーの項目から入る表示方法を優先しますが、画像が隠れてしまう等の場合にツールバーのアイコンで表示する場合もあります。



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げて、ファイル→開くから加工する写真をJTrim上に開く。
リサイズや、トリミングをして、用いるサイズにする。

画像のサイズ変更については、こちらの”合成する画像のサイズを作成する。” を、参照して下さい。

参考例画像として、今回は、600×450pxのサイズを用います。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに
(座標1) X:40 Y:40 (座標2) X:560 Y:410 の数値を入れて、OKをクリックして切り取る。



(1枚目のJTrim)
3.切り取った画像を編集→コピーする。

この時点で、コピーを忘れると、下記9で、上書き合成が出来ないので注意!



(1枚目のJTrim)
4.
元に戻して、範囲指定枠を外す。 


範囲指定枠を外すとは、JTrim画面で、画像以外の背景部分をクリックして範囲指定枠を消すことです。

(”画像をクリックすると小さい範囲指定枠が出来る場合があり気付かないことがあるので注意!”)

編集→「全選択/選択解除」クリックでも良い!



(1枚目のJTrim)
5.
加工→ガウスぼかしをクリックする。

ぼかしのレベル:3 に設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
6.
加工→ガラス処理をクリックする。

ガラスの処理単位:20
横ガラス処理にチェックを入れて、OKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
7.
加工→エッジの強調をクリックする。

レベル:最大(20)に設定して、OKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
8.
イメージ→座標指定切り抜きクリックで範囲指定枠とダイアログボックスが表示されたら、×で閉じる。



(1枚目のJTrim)
9.
上記の範囲指定枠が表示されている状態で

編集→合成:上書き合成する。

上記3で、コピーを忘れていると
”クリップボードから、合成イメージを読み込めません。”の表示が出て、合成出来ない!



(1枚目のJTrim)
10.
範囲指定枠を外さないで 加工→立体枠をつけるをクリックする。

枠の太さ:5 凹ませる、スムース共にチェックを外してOKクリックする。

範囲指定枠を外す。



(1枚目のJTrim)
11.
範囲指定枠を外してから、加工→立体枠をつけるをクリックする。

枠の太さ:40 凹ませるにチェックを入れてOKクリックする。



(1枚目のJTrim)
12.
加工→立体枠をつけるをクリックする。

枠の太さ:15 スムースにチェックを入れてOKクリックする。 
同じことを繰り返して2回行う。



(1枚目のJTrim)
13.
完成画像!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system