超新星、つまむ、ウエーブで額縁作成

BACKHOMENEXT


今回は、私の作成過程で多用する 超新星、つまむ、ウエーブ加工を用いての額縁作成です。
超新星の用い方や、つまむ効果の変化、普段余り用いない大きいウエーブ効果等が楽しめるかと思います。
4枚目は、フォントを用いたアレンジ作品で、最後の方に簡単に記載しています。

作成前に、用いる写真の元画像は別に保存しておいて下さい。


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
塗りつぶしの許容範囲の数値は、写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてクリックで拡大画像が表示されます。文字の場合にはリンクします。

説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)

メニュバーの項目から入る表示方法を優先しますが、画像が隠れてしまう等の場合にツールバーのアイコンで表示する場合もあります。



(1枚目のJTrim)
1.
1枚目のJTrimを立ち上げ、新規作成で600×450の白紙作成。

加工→超新星をクリックして、表示されたクロスラインを白紙上でクリックする。
表示された超新星のダイアログボックスのプレビュー画面を見ながら、各自の好みで色と各数値を設定する。

各数値は、同じにしても、その都度 異なった色模様になる。
半径:100の方が奇麗な色が出やすい反面、プレビュー画面と確定後の画像が違う場合が多い。2の背景画像は、半径:69→100に変更

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
2.
プレビュー画面をクリックすると超新星のセンター部がカーソル位置にくるので、ドラッグして、各自の好みの位置へ移動させる。

OKの確定をクリックするまでは、ダイアログボックスの数値や、超新星の位置は変えれる。
超新星の位置変更は、プレビュー画面を再度、クリックすればカーソル先端に超新星の中心部がくるのでドラッグすれば良い。

良ければ、OKをクリックして確定するが、プレビュー画面上の色と確定後の白紙上の色が異なる場合があるので、不満の時は、元に戻してから、白紙上で、好みの色になるまでやり直して調整する。



(1枚目のJTrim)
3.
超新星のセンター部をカーソルで囲む。

加工→つまむをクリックする。

つまむ強さ:100に設定して、OKをクリックする。

囲む範囲により、つまむ加工による効果の現れ方に違いが出る。
つまむ加工は この1回だけでも良いが、複数回かけた場合の、変化の現れ方を各自で試みて下さい。


つまむ加工後に、囲み以外の部分をクリックして、囲みを外す。



(1枚目のJTrim)
4.
再度、超新星のセンター部を先程囲んだ部分からずらして、カーソルで囲む。

加工→つまむをクリックする。

つまむ強さ:100に設定して、OKをクリックする。

以上、3〜4で、囲む範囲による、つまむ加工による効果の現れ方と、かける回数による変化を、各自で習得する。

つまむ加工後に、囲み以外の部分をクリックして、囲みを外す。



(1枚目のJTrim)
5.
再度、加工→超新星をクリックして、表示されたクロスラインをクリックする。

上記2〜4と同じ様にして、超新星加工を行う。



(1枚目のJTrim)
6.
左図の様な感じに、超新星加工を行い仕上げる。

参考例は、2か所になっているが、超新星加工の場所、回数は、各自の好みにより決めれば良い。



(1枚目のJTrim)
7.
加工→ウエーブをクリックする。
ウエーブの大きさ:任意

参考例は、1回しか、ウエーブをかけていないが、超新星の位置や
各自の好みで、かける回数、大きさを変えて、試みて下さい。


*又、片方だけ囲みを作ってウエーブをかけても面白い!



(1枚目のJTrim)
8.
カーソルで写真を貼り付けたい位置と、大きさを適当に囲む。

編集→塗りつぶしをクリックする。
色:黒色 許容範囲:100 不透明度:100で塗りつぶす。

塗りつぶし後、ダイアログボックスを閉じる。

画像以外の部分をクリックして、囲みを外す。



(1枚目のJTrim)
9.
加工→立体枠をつけるをクリックする。

枠の太さ:10 スムースにチェックを入れてOKクリックする。

加工後の画像を編集→コピーしてから、2枚目のJTrimを立ち上げる。



(2枚目のJTrim)
10.
2枚目のJTrimを立ち上げる。
ファイル→開くから、用いる写真をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、600×450のサイズにする。

画像のサイズ変更については、こちらの”合成する画像のサイズを作成する。” を、参照して下さい。



(2枚目のJTrim)
11.
この11〜下記12の過程は、用いる写真の背景が明るい場合に行い、暗めの背景写真は不要の為に省いて下さい!

表示→背景色をクリックして、フェードアウトに用いる色を設定する。

色の設定用ダイアログボックスから、用いる色を選択(クリック)してから、OKをクリックする。

用いる写真や、各自の好みに応じて、出来るだけ暗い色を選択する。



(2枚目のJTrim)
12.
加工→フェードアウトをクリックする。

フェードする範囲は、用いる写真により各自で設定する。

円形フェードアウトにチェックを入れている場合は、外しておく。



(2枚目のJTrim)
13.
編集→合成をクリックする。

減算で合成する。
*クリップボードから入力 と、*減算 に チェックを入れて、OKをクリックする。

上記9で、コピーを忘れていると
”クリップボードから、合成イメージを読み込めません。”の表示が出て、合成出来ないので、1枚目のJTrimに戻ってコピーする。



(2枚目のJTrim)
14.
再度、編集→合成をクリックする。

加算で合成する。
*クリップボードから入力 と、*加算 に チェックを入れて、OKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
15.
写真の周囲をカーソルで囲む。

加工→立体枠をつけるをクリックする。

枠の太さ:5 凹ませるにチェックを入れてOKクリックする。



(2枚目のJTrim)
16.
完成画像!



”写真の貼り付け部分をフォントを用いて、アレンジしてみました。”

アレンジ参考作品1(ウエーブを個々にかける)
上記1で、500×500の白紙作成。

2〜6まで同様に作成する。

7のウエーブ加工を個々に囲んでから、別個に行い、8の過程を省く。
8の代わりに、編集→文字入れで
フォント:Webdings 文字:大文字のY
文字色:黒色  サイズ:400でハートを置く。

上記9以降同様に仕上げて、14の過程で完成!



アレンジ参考作品2(ウエーブを省略)
上記1で、500×500の白紙作成。

2〜6まで同様に作成する。

7〜8の過程を省く。
8の代わりに、編集→文字入れで
フォント:Webdings 文字:大文字のY
文字色:黒色  サイズ:420でハートを置く。

上記9以降同様に仕上げて、14の過程で完成!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system