着色透明縁取り枠の作成

BACKHOMENEXT


ブラインド加工とウエーブ加工後に、単色カラースケールで着色して透明縁取り枠を作成してみました。ネガポジ反転後の画像を保存しておいて、単色カラースケールで色を設定すれば、加算合成で、何度でも使用出来ます。単色カラースケールの色設定は、加算合成の仕上がり色を見て決める様にした方が良いと思います。
3枚目は、全面にブラインド加工→ウエーブ加工後に編集→切り取りでセンター部を切り取って合成しています。

4枚目の作品は、"和の風のように"の和子さんの作品を参考に作成しています。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimを立ち上げて、新規作成で600×450の白紙作成する。

上側に好みの大きさで範囲指定する。
[座標1]のX:Yの値が0になっている事。
[座標2]のX:600は固定 Yの数値を変えて上下の幅をかえる。

[座標2]のYの値を小さくすると上下幅が狭まり、大きくすると広がる。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
加工→ブラインドをクリックする。

水平方向にチェックを入れる。

ブラインドの幅:5

色:黒



(1枚目のJTrim)
加工→ウエーブをかける。

大きさ:1×1回かける。



(1枚目のJTrim)
イメージ→フリップで反転する。



(1枚目のJTrim)
下側に好みの大きさで範囲指定する。
[座標1]のX:の値が0になっている事。
[座標2]のX:600 Y:450の値は固定 
[座標1]のYの数値を変えて上下の幅をかえる。

[座標1]のYの値を小さくすると上下幅が広がり、大きくすると狭まる。

先ず1枚目のパターンは、上下共に同じ幅に設定します。



(1枚目のJTrim)
加工→ブラインドをクリックする。

水平方向にチェックを入れる。

ブラインドの幅:5

色:黒



(1枚目のJTrim)
加工→ウエーブをかける。

大きさ:1×1回かける。



(1枚目のJTrim)
範囲指定枠を外して、カラー→ネガポジ反転する。

この画像に名前をつけて保存しておけば、繰り返して使えます。



(1枚目のJTrim)
カラー→単色カラースケールをクリックする。

任意で好みの色を設定する。
(加算合成してから、実際の仕上がりの色を見て設定する様にする)

編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを開いて、合成する画像をJTrim上に開く。

リサイズや、トリミングをして、縁取り枠と同じサイズにする。(600×450)



(2枚目のJTrim)
編集→合成:加算で合成する。

この時の色を見て、好みでなければ元に戻して、1枚目のJTrimに戻り、単色カラースケールの色を設定し直す。



(2枚目のJTrim)
加工→立体枠をつける。

枠の太さ:5
凹ませる、スムース共にチェックを入れない。



(2枚目のJTrim)
イメージ→影をつける。影の色:黒
横位置オフセット:5 縦位置オフセット:5
ぼかしの大きさ:5 透明度:50

通常は背景色を白色に設定する。



(2枚目のJTrim)
上下共に同じ幅に設定したパターンの完成!



(1枚目のJTrim)
上下の幅を変えたパターンです

幅を変えるだけで、作成過程は上記と全く同じです。
加工→ブラインド加工とウエーブをかけた後、上側だけフリップ反転した画像。


上下幅に関して、上側は、[座標2]のYの値を、下側は、[座標1]のYの値を参照して下さい。



(1枚目のJTrim)
カラー→ネガポジ反転した時点で、
画像に名前をつけて保存しておけば、繰り返して使えます。


更に、単色カラースケールで色を設定した画像です。



(2枚目のJTrim)
編集→合成:加算で合成後に、立体枠加工、影をつけるの最終処理を終えた上下の縁取り幅を変えた完成画像!



(1枚目のJTrim)
3枚目の画像について簡単に記載します。

全面に、加工→ブラインドをかける。(数値は上記と同じ)
加工→ウエーブをかける。(数値は上記と同じ)



(1枚目のJTrim)
範囲指定して、編集→切り取りで切り取る。

(背景色は白にしておく)



(1枚目のJTrim)
カラー→ネガポジ反転する。
画像に名前をつけて保存しておけば、繰り返して使えます。



(1枚目のJTrim)
カラー→単色カラースケールをクリックする。

任意で好みの色を設定する。
(加算合成してから、実際の仕上がりの色を見て設定する様にする)

編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
編集→合成:加算で合成後に、立体枠加工、影をつけるの最終処理を終えたセンター切り取りの縁取り完成画像!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system