新聞写真風加工による額縁作成



(新聞写真風加工によるガラス張り風額縁)


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の:の横にある数値は、加工時に設定する数値です。但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
クリックで拡大する。!の表示がある場合は、左の画像をクリックすると拡大画像を表示します。

クリックで拡大する。!
画像1
一枚目のJTrimを立ち上げて
@ ファイル→新規作成→白で600×500の白紙作成。(コピーして、別のJTrimを立ち上げて、編集→コピーしておく)
A イメージ→円形切り抜きで, 幅:2、色:黒、で切り取る。

クリックで拡大する。!
画像2
B イメージ→座標指定切り取りで、4分割して、300×250の下地を作成する。

クリックで拡大する。!
画像1&2
AとBの仕上がり画像
画像3
C Bの4分割した画像を開き、編集→文字入れで、●の色違いを並べる。(文字色をクリックして文字色を設定)
(R,G,B,R)の順番で4個並べる。
文字=MSPゴシック;サイズ:82

クリックで拡大する。!
画像4
D 画像3 の完成後 を加工→新聞写真風加工をする。
   ドット半径:7

クリックで拡大する。!
画像5
E 新聞写真風加工をかけた仕上がり画像で、この画像に加工→ウエーブ:7 ウエーブ:2 ウエーブ:5と3回のウエーブ加工を行う。

クリックで拡大する。!
画像6
F ウエーブ加工を3回かけた仕上がり画像で、この画像を編集→コピーする。
画像7
G 画像6 を、イメージ→ミラーで反転させる。
H 編集→連結で、:左へ連結する。

クリックで拡大する。!
画像8
I 連結後の仕上がり画像で、この画像を編集→コピーする。
画像9
J 画像8 を、イメージ→フリップで反転させてから、Iでコピーしておいた画像を編集→連結:上へで連結する。

クリックで拡大する。!
画像10
K 連結後の仕上がり画像
画像11
L 模様の内側の汚れを除去する為に、カーソルを移動させて四角い範囲を指定後に、塗りつぶし:白色、 許容範囲:100で塗りつぶす。

クリックで拡大する。!
画像12
M 更に、複写/移動を用いて模様の内側周辺の汚れ、不要な部分を消す。
処理完了で、着色前の基本形完成。

完成画像を編集→コピーする。

完成画像を保存しておいて、模様と模様以外の部分の色を変えて、いろんなパターンを作成するのに用いる。

クリックで拡大する。!
画像13
N 2枚目のJTrimを開き
@ 編集→貼り付けしておいた600×500の白紙に、模様にしたい好みの色を選び、塗りつぶす。
許容範囲:100で塗りつぶす。
A Mでコピーした画像を
編集→合成、 明るい画素優先で合成する。

クリックで拡大する。!
画像14
B 模様以外の部分を、好みの色で塗りつぶす。
許容範囲:2〜3
画像15
C この時点で、模様の中の塗りつぶしが出来ていない部分(白く残っている)を塗りつぶす。
画像を最大化してから塗りつぶしを完全に行う。

クリックで拡大する。!
画像16
D 以上で、新聞写真風の加工画像完成!


左の画像は、画像14 をネガポジ反転させた画像です。

(以降は、加工画像を元に額縁作成方法です)


画像1
@ 完成した新聞写真風加工の画像を開き、イメージ→座標指定切り抜きで、各辺から20Px内側を切り取る。

クリックで拡大する。!
画像2
A 切り取った画像に、加工→ソフトにするを1回かけてからコピーする。
ソフトにする事で、模様をぼやかして鏡面風な感じを出す為
画像3
B 元に戻して、範囲指定ラインが表示された状態で、編集→合成:上書きで画像2
 を合成する。

クリックで拡大する。!
画像4
C 加工→立体枠で
枠の太さ:20Pxで、凹ませる。

クリックで拡大する。!
画像5
D 凹ませた仕上がり画像で、この画像を編集→コピーする。
画像6
E 画像5 を右回りに90度回転×2回させてから、編集→合成:暗い画素優先で合成する。
(四辺共に、暗い感じに仕上げる為に行う。)

クリックで拡大する。!
画像7
F 暗い画素優先で合成した画像
画像5 と比較すると4辺共暗くなっているのが分かる。
画像8
G イメージ→余白作成する。
余白の大きさ:4Pxで、色は額縁部分の色となるが好みの色を設定する。

クリックで拡大する。!
画像9
H 加工→立体枠をつける。
枠の太さ:3Px, 凹とスムースにチエックを入れる。

クリックで拡大する。!
画像10
I イメージ→余白作成:8Px,
加工→立体枠をつける:6Px、凹ませる。
画像11
I イメージ→余白作成:8Px,
加工→立体枠をつける:6Px、スムースにチエックを入れる。
完成!
額縁内への画像の合成は省略しますので、JTrim Ringのサイトを参照して下さい。


JTrim Ringへ行けます。
inserted by FC2 system