スポットライト加工による額縁作成



(スポットライト加工による円枠と白紅梅のはみだし加工)


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の:の横にある数値は、加工時に設定する数値です。但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
クリックで拡大する。!の表示がある場合は、左の画像をクリックすると拡大画像を表示します。

クリックで拡大する。!
画像1
一枚目のJTrimを立ち上げる。
@ ファイル→新規作成→白で600×600の白紙作成。


クリックで拡大する。!
画像2
A 1,イメージ→円形切り抜きで,枠線をつけるに、レ点を入れ、幅:20にする。(塗りつぶすので適当で良い)
2,枠の色をクリックして、色の設定ダイアログボックスの:赤:緑:青の値を221:255:221に設定する。

色は薄めの色が基本になるがネガポジ反転後の色が出来上がりの色になる為、あまりこだわらなくてもRGB交換やRGB度合いで変えられる。


クリックで拡大する。!
画像3
B 塗りつぶしで、枠より内側を同色で塗りつぶす。

塗りつぶしが終わったら編集→コピーしておく。
(別のJTrimに貼り付ける)


クリックで拡大する。!
画像4
* 画像2,画像3の仕上がり画像
画像5
C 加工→スポットライトで、円の中心部でクリックする。
クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので
300.300の位置に設定する。
背景:黒、大きさ:48〜50、減衰レベル:6.9〜7.0でOKクリックする。


クリックで拡大する。!
画像6
D 球形の外周を白で塗りつぶす。


クリックで拡大する。!
画像7
* 画像6の仕上がり画像
画像8
E 球形の内部を白色で塗りつぶす。
 塗りつぶす範囲は、外枠として残したい所まで塗りつぶすが、最後の合成時に調整出来るので、少し太めに残した方が良い。
画像9
F 2枚目のJTrimを立ち上げる。
1,編集→貼り付けで、Bでコピーしておいた画像を貼り付ける。
2,Cのスポットライト加工を行う。但し、今回の画像は画像8 の内側に合成する為、大きさを小さくする。
背景:黒、大きさ:38〜42、減衰レベル:6.9〜7.0でOKクリックする。


クリックで拡大する。!
画像10
G 球形の外周を白で塗りつぶす。


クリックで拡大する。!
画像11
H Gで完成した画像を塗りつぶしのスポイドマークをクリックして、球形色の一番暗い部分の色を取り込んで中心部を塗りつぶす。

スポイドマークをクリックするとカーソルがスポイドマークになるので、外周より少し内側位をクリックして、色が取り込めたら再び、スポイドマークをクリックして閉じれば設定済み。


クリックで拡大する。!
画像12
I 次に同様にして、中心部よりも少し暗くて、一番外で画像8 と接する部分より、少し明るい色で、3段階に色分けして塗りつぶす。
センターから外側に向かって明るくなる様に塗りつぶす。(ネガポジ反転で暗い色が明るくなる為)
塗りつぶし完了後に編集→コピーする。
画像13
J 2枚目のJTrimに戻り 画像8 で、編集→合成 暗い画素優先で合成する。
画像8 をコピーして、 画像12 完成後に合成しても良い)


クリックで拡大する。!
画像14
K 合成後の画像です。
合成時に外枠と内枠にズレが出て、うまく合成出来ない時は
1,座標指定切り抜きを利用して範囲指定のライン位置を調整して内枠を合成する。
2,複写/移動を用いて、外枠の位置をずらして調整する。
合成で内枠と外枠に隙間が出来た際は、ネガポジ反転時に黒いラインとなるのでそのまま用いても良い。気になるなら、外枠、内枠のどちらかを作り直す。(Eで枠を太めに残すのはこの為)
画像15
L カラー→ネガポジ反転させてから、周囲を白色で塗りつぶす。
基本形完成!
ネガポジ反転後の画像を見て、外枠と内枠の色のバランスが悪いと感じた時は
1,合成前に戻して、外枠、内枠個々にカラー→明るさ/コントラストで微調整する。
2,加工→フェードアウトで微調整する。
画像16
M 画像12 の外周が暗くなりすぎた場合(ネガポジ反転すると隙間が出来た感じ)は、フェードアウトで調整する。
画像をカーソルで囲み、範囲指定のラインを近づけたり(効果大)、遠ざけたり(効果小)して、均一にかける。

フェードアウトは、背景色で決まるので、表示→背景色で、色の設定を変える事!

クリックで拡大する。!
画像17
N ネガポジ反転後は、RGB交換やRGBの度合い で新しい色の枠が出来る。

クリックで拡大する。!
画像18
O イメージ→リサイズで、縦横の比率を保持する のチエックを外して、好みの楕円形を作る。

クリックで拡大する。!
画像19
P リサイズ前後の画像
画像10
* 合成貼り付け作業に関しては、JTrim Ringの各サイトを参照して頂ければと思います。
又、左の白梅と寒椿の画像は、不要な部分を塗りつぶし後に、加工→カスタムフィルターをかけた画像にカスタムフィルターをかける前の画像を透明度指定で合成したものです。


JTrim Ringへ行けます。
inserted by FC2 system