円形で作成した花器?の作成

BACKHOMENEXT

(花器に見立てて花と蝶の合成画像)


複数の、JTrimを用いない方は、1枚目、2枚目、と名前をつけて保存後に開いて作成して下さい。  出来るだけ、バックに仕上がり後の画像を掲示する様にしています。 その為に画面を合成していますので、実際の画面と異なる場合もあります。これは2度目の見直しを行っています。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)




(1枚目のJTrim)
1.
一枚目のJTrimを立ち上げる。

新規作成で420×350の白紙作成する。

イメージ→円形切抜きで、切り抜く。

枠線の幅:4 枠線の色:(255:0:255)



(1枚目のJTrim)
2.
任意角度回転で、右に30度回転する。

任意角度回転のダイアログボックスに数値:30.0を設定してOKをクリックする。



(1枚目のJTrim)
3.
回転後に出来た背景色を、塗りつぶす。

色:白色 許容範囲:20で塗りつぶす。



(1枚目のJTrim)
4.
座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:68 Y:75 (座標2) X:471 Y:444 の数値を入れて、切り取る。



(1枚目のJTrim)
5.
切り取り後の画像。

編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
6.
2枚目のJTrimを立ち上げる。
新規作成で560×420の白紙作成する。
イメージ→円形切抜きで、切り抜く。

枠線の幅:4 枠線の色:(255:0:255)



(2枚目のJTrim)
7.
座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:11 Y:9 (座標2) X:414 Y:378 の数値を入れて、×で閉じる。



(2枚目のJTrim)
8.
編集→合成 :暗い画素優先で合成する。



(2枚目のJTrim)
9.
合成後の画像。



(2枚目のJTrim)
10.
座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:197 Y:0 (座標2) X:560 Y:365 の数値を入れて、切り取る。



(2枚目のJTrim)
11.
切り取り後の画像。



(2枚目のJTrim)
12.
編集→文字入れをする。
フォント:MSゴシック サイズ:160 文字色:黒



(2枚目のJTrim)
13.
ズームインで拡大してラインぎりぎりに入れる。



(2枚目のJTrim)
14.
文字入れ後の画像。



(2枚目のJTrim)
15.
カラー→ネガポジ反転する。



(2枚目のJTrim)
16.
塗りつぶしで塗りつぶす。
許容範囲:50 色:白



(2枚目のJTrim)
17.
残ったラインは、複写/移動で除去する。



(2枚目のJTrim)
18.
背景色を、白色に変更する。



(2枚目のJTrim)
19.
任意角度回転で、右に50度回転する。

任意角度回転のダイアログボックスに数値:50.0を設定してOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
20.
イメージ→余白作成する。

上下のみで、余白の大きさ:50 色:白で作成する。



(2枚目のJTrim)
21.
座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:210 Y:0 (座標2) X:440 Y:613 の数値を入れて、切り取る。



(2枚目のJTrim)
22.
切り取り後の画像。

(フェードアウト後に戻る時は、ここまで戻す)



(2枚目のJTrim)
23.
カラー→ネガポジ反転する。



(2枚目のJTrim)
24.
加工→フェードアウトをかける。
背景色(255:0:128)

フェードする範囲:最大×2回かける。

円形のチェックを外しておく事!

(背景色は、表示→背景色→色の設定ダイアログボックスで設定する)



(2枚目のJTrim)
25.
フェードアウト後の画像。

編集→コピーする。



(2枚目のJTrim)
26.
元に戻す。
(ネガポジ反転する前の画像まで戻る)



(2枚目のJTrim)
27.
編集→合成 :明るい画素優先で合成する。



(2枚目のJTrim)
28.
背景色を、白色に変更する。

詳細は、先程の背景色の変更と同じ



(2枚目のJTrim)
29.
右へ90度回転で、回転する。



(2枚目のJTrim)
30.
イメージ→フリップで、画像を反転させる。



(2枚目のJTrim)
31.
任意角度回転で、右へ9度回転する。

任意角度回転のダイアログボックスに数値:9.0を設定してOKをクリックする。



(2枚目のJTrim)
32.
画像をカットする。

画像ギリギリの部分を範囲指定枠で囲み、座標指定切抜きで切り取る。

画像をズームインで拡大して、ラインと画像の接する部分が見えやすい様にしてから、範囲指定枠で囲む。



(2枚目のJTrim)
33.
切り取り後の画像。

編集→コピーする。



(3枚目のJTrim)
34.
3枚目のJTrimを立ち上げる。

新規作成で420×280の白紙作成する。

イメージ→円形切抜きで、切り抜く。

枠線の幅:6 枠線の色:(255:0:128)



(3枚目のJTrim)
35.
フェードアウトをかける。

フェードアウトの範囲:40×1回かける。

背景色:(255:51:153)

円形フェードアウトにチェックを入れる。



(3枚目のJTrim)
36.
フェードアウト後の画像。



(3枚目のJTrim)
37.
イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く。



(3枚目のJTrim)
38.
イメージ→余白作成する。

大きさ上下左右:100  色:白



(3枚目のJTrim)
39.
座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:78 Y:30 (座標2) X:557 Y:240 の数値を入れて、×で閉じる。



(3枚目のJTrim)
40.
編集→合成 :暗い画素優先で合成する。

範囲指定枠を外す。



(3枚目のJTrim)
41.
合成後の画像

編集→コピーする。



(3枚目のJTrim)
42.
イメージ→フリップで画像を上下に反転させる。



(3枚目のJTrim)
43.
更に、イメージ→ミラーで、左右に反転させる。



(3枚目のJTrim)
44.
編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(3枚目のJTrim)
45.
合成後の画像。



(3枚目のJTrim)
46.
カラー→ネガポジ反転する。



(3枚目のJTrim)
47.
塗りつぶしで、縁取りを出す。

 許容範囲:2 色:白で塗りつぶす。



(3枚目のJTrim)
48.
基本画像の完成!



(3枚目のJTrim)
49.
RGB交換、RGB度合い、HSVカラー調整などを用いて、自分の好みに仕上げる。

参考例として

RGB交換を2回クリックする。



(3枚目のJTrim)
50.
RGBの度合いをクリックする。

ダイアログボックスに
赤色の度合い:160
緑色の度合い:−30
青色の度合い:20を設定して、OKをクリックする。

見直し、再現時に、この値で同じ色にならない場合が発生したので、数値は各自で調整してください。



(3枚目のJTrim)
51.
背景色を塗りつぶす。

 許容範囲:2 色:白で塗りつぶす。



(3枚目のJTrim)
52.
完成画像!



額縁内への画像の合成は省略しますので、JTrim Ringのサイトを参照して下さい。


JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system