エッジの抽出を用いて額縁作成

BACKHOMENEXT


今回は、”加工→エッジを抽出”を用いると単色の場合に生じる変化を模様状に描きだすのが面白くて、取り上げてみました。最初の塗りつぶしの色設定や、エッジ抽出加工後のRGB調整で、いろんな色を作成してみて下さい。作成過程はあくまで参考例ですので、いろいろとアレンジして下さい。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



1枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で、500×400の白紙作成。

背景色 (0:255:128)

塗りつぶす。

色は任意で、ここでの色選定と、後のRGB調整で額縁の色が変わる。

但し、あまり薄い色では、模様が出にくくなるので注意!

参考例 色:(255:0:255) 許容範囲:5位で塗りつぶす。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



加工→ブラインドをクリックする。

水平方向にチェックを入れる。

ブラインドの幅:20

色 :白色



加工→ウエーブを3回かける。

1回目 大きさ:7

2回目 大きさ:2

3回目 大きさ:5



ウエーブを3回かけた後の仕上がり画像。



加工→オイルペイントをかける。

にじみの強さ:5



座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:30 Y:30 (座標2) X:470 Y:370 の数値を入れて、切り取る。

元に戻して、一度範囲指定枠を消して、座標指定切抜きをクリックして、範囲指定枠表示後に、×で閉じる。



編集→切り取りをクリックする。



切り取り後の画像。



範囲指定枠を外してから

加工→エッジを抽出をクリックする。

レベル:20でOKをクリックする。



エッジを抽出後の画像。

この時点で、RGB交換や、RGBの度合いで色を変える。



イメージ→座標指定切り抜きクリックする。

先程の範囲指定枠が表示されているのを確認してから、×で閉じる。



塗りつぶす。

色:白色 許容範囲:5位で塗りつぶす。



範囲指定枠が表示された状態で

加工→立体枠をつける。

枠の太さ:10

凹ませる、スムース共にチェックを入れる。



画面上は分かりにくいが、立体枠の加工がされているので
10pxだけ内側に画像を貼り付ける為の範囲を塗りつぶす。

座標指定切り抜きクリックする。

座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:40 Y:40 (座標2) X:460 Y:360 の数値を入れて、×で閉じる。

この時に、切り取ってから、元に戻しておけば座標値を記憶するので、範囲指定枠で画像貼り付けする方はそうして下さい。



塗りつぶす。

色:白色以外ならなんでも良い 許容範囲:5位で塗りつぶす。



範囲指定枠を外してから、

加工→立体枠をつける。

枠の太さ:20 :スムース。



額縁完成!



2枚目のJTrimを立ち上げる。

合成したい写真を開き、サイズを調整する。

合成する写真サイズは420×320 ですが、イメージ→リサイズを用い

比率で指定した際の、大きいサイズが使用出来るので、大きいサイズを使って合成した後にリサイズで縮小しても良い。

400%→1680×1280  200%→840×640  参考例:840×640

額縁の方も、ここで、作成したサイズに合わせて、比率で指定するで拡大するのを忘れないように注意!

合成する写真が出来たら、編集→コピーする。



記憶させた範囲指定枠を用いて合成する場合は、ここで、縮小させる。1680×1280→25% 840×640→50%で、420×320に戻る。

但し、大きいサイズを使って合成後に、リサイズで、縮小させる方法をとる為に、座標値を変更して、範囲指定枠を拡大させる場合は不要!

合成する写真が出来たら、編集→コピーする。


青色で表示された部分は同じ作成過程の部分の説明で、拡大するか、縮小するか、ここで行うと言う意味です。



合成の方法@

1枚目のJTrimに戻って

編集→合成貼り付けで、手のひらで、掴んで貼り付ける。



合成の方法A

範囲指定枠を用いて合成する場合は

イメージ→座標指定切り抜きクリックする。

先程の塗りつぶす時点で記憶させた範囲指定枠が表示されているのを確認してから、×で閉じる。

編集→合成:上書きで合成する。

但し、大きいサイズの写真を合成する場合は、額縁のサイズをリサイズの比率で指定するで拡大すると共に、座標値も変更して、範囲指定枠を拡大する。



合成画像の完成!



同じウエーブ処理をしても、最初の塗りつぶし色で微妙に模様が変化したサンプル画像!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system