JTrimを使って球体風加工

BACKHOMENEXT


以前に、”JTrimを使って、合成用円形の作成”で、作成過程をUP後に、失敗作の球体の中に画像を閉じ込める方法をいろいろと思考錯誤してみましたが、良い案も浮かばず画像の閉じ込めは断念しました。今回、元画像を球体風にすることで、明るい感じで仕上げることが出来る為、取り上げてみました。”申し訳ありませんが、スポットライト加工と超新星加工に関しての詳細は、以前の作成過程を参照して頂くことで、簡単な説明に留めています。”球体の中の、水滴風?な加工に関しては、作成の必要は有りません。ついでに参考例としてUPしますので、興味のある方だけ再現して頂ければ良いかと思います。(又、円形加工する際には、イメージ→リサイズの比率指定で拡大して、縮小させると仕上がりがきれいに仕上がりますので、任意で行って下さい。)(これも、今回気付いたので記載しておきますが、JTrimを使い始めた頃、複写/移動や、塗りつぶしのダイアログボックス(詳細設定用のウィンドウ)が、邪魔になって困った経験があります。ダイアログボックスの青い色の帯の部分をクリックしたまま移動できます)



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



1枚目のJTrimを立ち上げます。

加工する写真をJTrim上に開きます。

大きさは任意で、正方形に切り取る。

参考例は、500×500pxのサイズに切り取り

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く(デフォルトの状態)



切り抜き後の画像。

編集→コピー後に、2枚目のJTrimを立ち上げて編集→貼り付けしておく。



加工→スポットライトをクリックする。

クロスしたラインの中心を、円の中心に設定して、クリックする。

クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので

250.250の位置に合わせる。



スポットライトのダイアログボックスに

「背景を白にする」にチェックを入れる。

大きさ:55

明るさの減衰レベル:7.0を設定して、OKをクリックする。

数値は、参考値として、加工する写真で調整する。



イメージ→余白作成する。

余白の大きさ 上下:50 左右:100 色:白で作成する。



加工→超新星加工を行う。

3ヶ所行う

詳細は" JTrimを使って合成用円形の作成”を参照して下さい。

(元になる写真によっては、超新星加工の前に、フェードアウト加工した方が良い場合もある。)



3回超新星をかけた画像。

余白部分を切り取って元に戻す。



切り取り後の画像を、最初の切り抜き同様に

イメージ→円形切抜きで、輪郭を出す。

背景色:白で切り抜く(デフォルトの状態)



2枚目のJTrimを開く。加工→スポットライトをクリックする。

クロスしたラインの中心を円形の中心に設定して、クリックする。

スポットライトのダイアログボックスに

今度は「背景を白にする」にチェックを入れ無い。

大きさ:52〜53

明るさの減衰レベル:5.2〜5.3を設定して、OKをクリックする。

数値は、参考値として、加工する写真で調整する。



最初の切り抜き同様に

イメージ→円形切抜きで、輪郭を出す。

背景色:白で切り抜く(デフォルトの状態)

編集→コピーする。



1枚目のJTrimに戻って、

編集→合成;透明度指定:60で合成する。



球体画像の完成!

水滴風を作成して合成する場合には、背景画像として用いる。
名前を付けて保存する。



水滴風画像の基本形作成

1枚目のJTrimを立ち上げる。

新規作成で200×200の白紙作成。

編集→文字入れする。

フォント:MSゴシック

サイズ:70

さんかく→▲に変換。

白紙の中心付近に置いて、OKクリックする。



加工→つまむをクリックする。

つまむ強さ:30

上記の文字入れの位置でつまみ加工での形状が違ってくるので注意!



イメージ→リサイズする。

縦横の比率を保持するのチェックを外す。

縦に250の数値をいれる。



リサイズした画像の滲みを処理する為に

塗りつぶす。

色:白色 許容範囲:50位で塗りつぶす。



画像を拡大する。

底辺部の欠けた部分を複写/移動を用いて塗りつぶす。



画像を拡大して、ギリギリの大きさで切り取る。



切り取り後の画像。

編集→コピーする。



そのまま、新規作成で200×200の白紙作成。(保存を聞いてくるが、先程コピーしているので、いいえをクリックして続行する)

イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:黒で切り抜く。



カラー→ネガポジ反転する。



編集→連結:上へで連結する。



三角形の画像を範囲指定枠で囲む。

手のひらで掴んで移動させて、円形の上部に重ねる。



不要部分を白色で塗りつぶす。



水滴風基本形の完成!

名前を付けて保存する。



水滴風写真の作成

基本形と同サイズの写真をJTrim上に開く。

各自で作成した基本形のサイズと同サイズに、写真をリサイズやカットして、準備する。

写真は出来るだけ、画像より上側の空間を大きく取る様にカットする。
(画像によっては、上側に、余白作成してから、複写/移動で背景を加工する。余白部分が小さければ、白色で、そのままか、塗りつぶしのスポイドを用いて、背景色を取り込み塗りつぶしても良い。)



2枚目のJTrimを立ち上げて、保存しておいた、水滴風基本形をJTrim上に開く。

編集→コピーする。



1枚目のJTrimに戻って

編集→合成:明るい画素優先で合成する。

編集→コピー後に、3枚目のJTrimを立ち上げて編集→貼り付けしておく。



(1枚目のJTrim)加工→スポットライトをクリックする。

上部の三角形で作成した部分を無視して

クロスしたラインの中心を円形の中心に設定して、クリックする。

スポットライトのダイアログボックスに

「背景を白にする」にチェックを入れる。  大きさ:40〜52

明るさの減衰レベル:5.0〜8.0を設定して、OKをクリックする。

上記の値は、元になる写真によって、変わるので、各自で設定する。

写真によっては、この後で超新星加工する。



2枚目のJTrimを開き、水滴風基本形を編集→コピーしてから、再び、1枚目のJTrimに戻る。

1枚目のJTrimで、編集→合成:明るい画素優先で合成する。

今回は、不要だが、上のスポットライト加工後に、写真によっては、超新星加工をした方が良い場合もある為、その時に必要なので、作成過程として記載する。



3枚目のJTrimを開いて、加工→スポットライトをクリックする。

上部の三角形で作成した部分を無視して

クロスしたラインの中心を円形の中心に設定して、クリックする。

スポットライトのダイアログボックスに

「背景を白にする」にチェックを入れ無い。

大きさ:40〜43

明るさの減衰レベル:2.0〜8.0を設定して、OKをクリックする。

上記の値は、元になる写真によって、変わるので、各自で設定する。



2枚目のJTrimを開き、水滴風基本形を編集→コピーしてから、再び、3枚目のJTrimに戻る。

3枚目のJTrimで、編集→合成:明るい画素優先で合成する。

編集→コピーする。



1枚目のJTrimを開いて

編集→合成:透明度指定:60で合成する。



加工→フェードアウトをかける。

円形フェードアウト 範囲:40×1回かける。

背景色:白色

各自の作成した画像に応じて、範囲の調整をする。



2枚目のJTrimを開き、水滴風基本形を編集→コピーしてから、再び、1枚目のJTrimに戻る。

1枚目のJTrimで、編集→合成:明るい画素優先で合成する。

今回は、白色のフェードアウトの為に不要だが、淡い黄色、灰色等用いた時に必要なので、作成過程として記載する。



水滴風写真の完成!

名前を付けて保存する。



球体風背景画像と水滴風写真の合成

1枚目のJTrimを立ち上げて、保存しておいた、球体風背景画像をJTrim上に開く。



2枚目のJTrimを立ち上げて、保存しておいた、水滴風基本形をJTrim上に開く。



3枚目のJTrimを立ち上げて、保存しておいた、水滴風写真をJTrim上に開く。



1枚目のJTrimを開いて、水滴風写真を入れたい所を範囲指定枠で囲む。

背景になる球体風画像と、水滴風写真の大きさは、球体風背景画像を縮小させるか、水滴風写真作成時に基本形を拡大して大きくするか、各自の好みで、背景と水滴風のバランスを決めて下さい。



2枚目のJTrimを開いて、カラー→ネガポジ反転させる。

編集→コピーする。



1枚目のJTrimに戻って、編集→合成:明るい画素優先で合成する。

入れたい位置が決まるまで、元に戻して範囲指定枠のラインを移動させた後、再度、編集→合成:明るい画素優先で合成するを繰り返して位置を決めていく。

範囲指定枠の左のライン(座標1:Xの値)と上のライン(座標1:Yの値)を動かして入れたい位置を決める為、右と下のラインの範囲を大きくしておく。


位置決めが出来たら、3枚目のJTrimを開き、編集→コピー後に、再び、1枚目のJTrimに戻る。



(1枚目のJTrim)

編集→合成:暗い画素優先で合成する。



球体風背景画像と水滴風写真の合成画像の完成!



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system