JTrimで作成した和風出窓加工額縁

BACKHOMENEXT

(和風出窓合成画像)


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



1枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で500×400の白紙作成。

余白作成する。

余白の大きさ:50 色:(0:255:0)で作成する。


今回、説明の為に座標値を多用していますが、大体で良いから柱を入れたり、色も任意で好きな色にしたり、おおまかな作成手順が分かれば適当にやってみて下さい。



立体枠をつける。

枠の太さ:50 凹ませる。



色を塗り分ける。

許容範囲:1〜2



余白作成する。

余白の大きさ:上:50 下:100 左右:0 色:白で作成する。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:50 (座標2) X:600 Y:75 の数値を入れて、×で閉じる。


今回は、座標指定切り取りダイアログボックスの数値の表示をメインにしています。
×で閉じた後に作業が続く場合には、出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。

範囲指定枠で囲んだ部分は、塗りつぶし〜立体枠をつけるまで、範囲指定枠内で行います。



塗りつぶす。

色:(250:194:5)

許容範囲:100で塗りつぶす。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:50 (座標2) X:600 Y:65  の数値を入れて、×で閉じる。



立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:65 (座標2) X:600 Y:75  の数値を入れて、×で閉じる。



立体枠をつける。

枠の太さ:10 :凹ませる。

以降、立体枠のダイアログボックスは、省略します。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:538 Y:100 (座標2) X:550 Y:500  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(200:190:2)で塗りつぶす。

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:550 (座標2) X:600 Y:565  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(230:218:2)で塗りつぶす。



範囲指定枠のラインが表示された状態で、イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:木目2 適用の強さ:75

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:500 (座標2) X:600 Y:550  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(244:233:2)

許容範囲:"1"で塗りつぶす。



範囲指定枠のラインが表示された状態で、イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:木目2 適用の強さ:75。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:585 Y:75 (座標2) X:600 Y:537  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(231:202:1)

許容範囲:100で塗りつぶす。



今、塗りつぶした部分の上下の塗り残しを塗りつぶす。

許容範囲:20位で塗りつぶす。



側壁部を塗りつぶす。

色:(204:204:204)

許容範囲:20前後で塗りつぶす。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:551 Y:104 (座標2) X:584 Y:503  の数値を入れて、×で閉じる。

ノイズ付加をかける。

カラーノイズ ノイズ量:70



複写/移動を用いて、塗り残しの補修をする。

補修に必要なサイズをカーソルで囲む。

枠の中でカーソルが手のひらに変わったらクリックしたまま、補修する所まで、掴んで移動する。



位置が決まったら離して位置確定をクリックする。

何度か、同じ作業を繰り返して補修して行く。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:100 (座標2) X:539 Y:110  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(222:184:5)で塗りつぶす。

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:495 (座標2) X:539 Y:500  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(222:184:5)で塗りつぶす。

立体枠をつける。

枠の太さ:"1" :スムース。



上側を塗りつぶす。

色:(254:224:120)で塗りつぶす。



画像を切り取る。

座標指定切り抜きをクリックし、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:100 Y:0 (座標2) X:600 Y:650  の数値を入れて、切り取る。



編集→コピーする。

ミラー反転させる。

編集→連結:右へ連結する。



連結後の仕上がり画像。



余白作成する。

余白の大きさ:上:30 下:30 左:200 右:100 色:白で作成する。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:145 Y:0 (座標2) X:200 Y:710  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(254:225:27)で塗りつぶす。

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:1200 Y:0 (座標2) X:1255 Y:710  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(254:225:27)で塗りつぶす。

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



柱に立体感を出す為に、@〜Cまでの部分を塗りつぶす。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:200 Y:0 (座標2) X:207 Y:80  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(231:202:1)で塗りつぶす。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:200 Y:595 (座標2) X:207 Y:710  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(231:202:1)で塗りつぶす。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:1193 Y:0 (座標2) X:1200 Y:80  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(231:202:1)で塗りつぶす。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:1193 Y:595 (座標2) X:1200 Y:710  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(231:202:1)で塗りつぶす。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:207 Y:0 (座標2) X:1193 Y:80  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(225:250:5)で塗りつぶす。



イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:コンクリート壁 適用の強さ:40。

以降、同じの為、画像省略する。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:0 (座標2) X:145 Y:710  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(225:250:5)で塗りつぶす。

イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:コンクリート壁 適用の強さ:40。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:207 Y:595 (座標2) X:1193 Y:710  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(225:250:5)で塗りつぶす。

イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:コンクリート壁 適用の強さ:40。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:1255 Y:0 (座標2) X:1300 Y:710  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(225:250:5)で塗りつぶす。

イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:コンクリート壁 適用の強さ:40。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:0 Y:45 (座標2) X:1300 Y:81  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(252:205:63)許容範囲:100で塗りつぶす。

イメージ→テクスチャをかける。

テクスチャの選択:木目2 適用の強さ:20。

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:672 Y:0 (座標2) X:728 Y:46  の数値を入れて、×で閉じる。

塗りつぶす。

色:(254:225:27)で塗りつぶす。

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。



2枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で200×361の白紙作成。

加工→ブラインド加工する。(縦方向)

幅:40 色(180:105:105)

水平方向のチエックを外す。



加工→ブラインド加工する。(横方向)

幅:61 色(180:105:105)

水平方向にチエックを入れる。



加工→エッジの強調をかける。

レベル:15×1回かける。



塗りつぶす。

色:白で、許容範囲:40で塗りつぶす。



周囲に余白を作成する。

大きさ:2 色:(208:208:208)で作成する。

立体枠をつける。(2回)

枠の太さ:2 :凹ませる。

枠の太さ:2 スムース。



余白作成する。

余白の大きさ:上:8 下:12 左:8 右:8 色:(194:167:146)で作成する。

立体枠をつける。

枠の太さ:2 :スムース。

ミラー反転させた後で、コピーする。



1枚目のJTrimに戻って、左側の障子から、編集→合成貼り付けする。

2枚目の障子も同様に、合成貼り付けする。



2枚目の障子を貼り付ける時に、内側の障子が透けて見える感じを出す為に、桟が重なり合わない様にする。



座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:261 Y:141 (座標2) X:大きくとる。 Y:大きくとる。

編集→合成:透明度指定:70で合成する。


上の座標値は、あくまで参考値で、合成貼り付け時に微妙に変化するので各自で修正すること。



2枚目のJTrimを開き、ミラー反転させた障子を元に戻す。

編集→コピーする。

1枚目のJTrimに戻って、合成貼り付けで右側の障子を貼り付ける。


(桟のラインがハッキリしている方を内側同士に向き合わせる為なので、気にならない方は、上記の作業で連続して行えば良い。)



写真の合成は、サイズを369×383の大きさにした写真を準備する。

2枚目のJTrimで写真をリサイズするなり、取り込んだものを編集→コピーする。

1枚目のJTrimに戻り、編集→合成貼り付けする。

リサイズする。

サイズで設定するの横に600の数値を入力する。
(縦横の比率を保持するにチエックを入れておく事)

以上で完成!


写真のサイズは障子の合成貼り付け位置で微妙に変化するので各自で調整して下さい。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system