スポットライト加工による額縁U

BACKHOMENEXT

(花合成画像)


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



今回は、サンプルを見てもらえば、分かる様に、Aタイプ(四角形が入っている) Bタイプ(四角形が入っていない)の2通りがあります。基本的に同じ作成方法の為、同時に取り上げました。Bのタイプは、青い色で、表示された部分は必要ないので、省略し、スポットライト加工に入る所からは緑色の四角形が有るか無いかの違いだけで、全く同じ作成方法になります。



1枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で700×700の白紙作成。

座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:150 Y:210 (座標2) X:550 Y:490 の数値を入れて、切り取る。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



イメージ→角丸切抜きをクリックする。

角丸切抜きダイアログボックスに

丸め半径:100

枠線の幅:20

枠の色:(179:255:179)を設定してOKをクリックする。



編集→コピーしてから、範囲指定枠が表示される所まで戻す。

編集→合成:上書きで合成する。



範囲指定枠を外して

加工→ウエーブ 大きさ:3を1回かける。



ここからは、Bタイプも同じ作成方法で、緑の四角形がないものと思って加工する。

加工→スポットライトをクリックする。

クロスしたラインの中心を、画像の中心に設定して、クリックする。

クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので

350.350の位置に設定する。



スポットライトのダイアログボックスに

大きさ:41

明るさの減衰レベル:7.0を設定して、OKをクリックする。



スポットライト加工後の画像。



塗りつぶす。

色:白色

許容範囲:4で球形の輪郭を出す。



カラー→ネガポジ反転する。

ネガポジ反転した画像



2枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で700×700の白紙作成。

加工→スポットライトをクリックする。

クロスしたラインの中心を四角形の中心に設定して、クリックする。



スポットライトのダイアログボックスに

大きさ:29

明るさの減衰レベル:7.0を設定して、OKをクリックする。



スポットライト加工後の画像。



塗りつぶす。

色:白色

許容範囲:4で球形の輪郭を出す。 



カラー→ネガポジ反転させてから

加工→ウエーブ 大きさ:12を1回かける。

編集→コピーする。



1枚目のJTrimを開き、編集→合成:明るい画素優先で合成する。



合成直後の画像で、2枚目の画像が左側に寄っているのが分かる。

修正して中心に持ってくる。



元に戻して、(合成する前の状態)

座標指定範囲枠を700×700の外周サイズにする。



先程の画像を見て、上下の間隔は大体良さそうなので、右に少し寄せることにする。

(座標1) X:8にして、他の数値はそのままで、×でとじる。

編集→合成:明るい画素優先で合成してみて、良ければ次に進む。

上下の位置ズレを修正する場合は(座標1)のY:の値を変えてみる。

座標指定切抜きは慣れると、こんなに便利なものはないと思えますので、何度でも使って慣れて下さい。



塗りつぶす。

色:白色

許容範囲:4で輪郭を出す。



RGBの度合いをクリックする。

ダイアログボックスに

赤色の度合い:121

緑色の度合い:−27

青色の度合い:11を設定して、出来上がった画像を先ず保存して下さい。

保存した後は、自分の好みで色を変化させてみて下さい。

但し、PCに関して、私同様に無知な方は、後にある注意を読んでからにして下さい。



塗りつぶす。

色:白色

許容範囲:4で画像周辺を塗りつぶす。

リサイズする。

縦横の比率を保持する。のチェックを外す。

縦の数値を600にする。



リサイズした画像で、基本形の完成!

画像の余白部分は各自で任意にカットして下さい。


RGB度合いや、HSVカラー調整で、数値を変化させている時に”パラメーターが間違っています”と表示されて、作成続行不可となった時は

@画面右上の×閉じるが有効であれば、一旦閉じてから、再度JTrimを立ち上げる。

A閉じるボタンが不可の場合は、スタート→終了オプション→再起動で、立ち上げる。

Bそれでも不可の時は(Ctrl)+(Alt)+(Delete) の操作をして下さい。



額縁内への画像の合成は省略しますので、JTrim Ringのサイトを参照して下さい。


JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system