JTrimを使って合成用円形の作成

BACKHOMENEXT

(合成用円形に花を合成した画像)


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



今回は、最初の目的は、球形の中に画像を閉じ込めた感じを出すのが狙いで、チャレンジしましたが失敗に終わり、スポットライト加工+超新星加工+ノーマライズ加工でいろんな色合いが出せる楽しさを感じてもらえればとの思いで、UPしました。球形に画像を閉じ込める画像の失敗作も最後に掲載しています。又、超新星加工前の余白の大きさを変えて、いろんな位置からや、何ヶ所もかけてみたり、色違いもかけてみたりと楽しんでみて下さい。



1枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で500×500の白紙作成。

塗りつぶす。

色 (128:255:255)で塗りつぶす。



加工→スポットライトをクリックする。

クロスしたラインの中心を四角形の中心に設定して、クリックする。

クロスラインの位置決めの方法として、下の枠の中に、カーソルの先端部分の座標が表示されるので

250.250の位置に設定する。



スポットライトのダイアログボックスに

大きさ:48

明るさの減衰レベル:7.0を設定して、OKをクリックする。



スポットライト加工後の画像。



塗りつぶす。

色:白色

許容範囲:40で球形の輪郭を出す。 



余白作成する。

左右のみで、余白の大きさ:60 色:白で作成する。



超新星加工を3ヶ所行います。

加工→超新星をクリックする。

クロスしたラインが表示されたら、ラインの中心を1回目は

右上の角(@矢印)に設定してクリックする。

A矢印 B矢印も同様に設定する。



超新星のダイアログボックスに

半径:100

色:(40:40:255)を設定する。



色の設定は、超新星のダイアログボックスの@矢印をクリックする。

表示された、色の設定ダイアログボックスで設定する。



1回目の超新星加工画像

2回目の超新星加工を行った画像と比較して、差がありすぎる感じがしたら、再度、1回目から、やり直す。



2回目の超新星加工。

右下の角にラインの中心を設定する。1回目と同じ条件で、

半径:100

色:(40:40:255)を設定する。



3回目の超新星加工。

左下の角にラインの中心を設定する。

半径:30〜60位まで

色:白を設定する。



3回超新星をかけた画像。



塗りつぶす。

色:白色

許容範囲:30で球形の輪郭を出す。

左側から塗りつぶして、右側の超新星加工時に、位置が内側に寄って、球形に濃い色が接触している場合は、許容範囲を調整して塗りつぶす。



塗りつぶし後の画像。



カラー→ヒストグラム→ノーマライズをかける。

レベル補正機能で、明暗に偏りがあり、暗くてボンヤリした画像の処理に適しているとの事で使ってみたら、透明感のある美しい感じが得られた様に思える。



ノーマライズ後の画像。

円形部分の完成!



2枚目のJTrimを立ち上げます。

合成したい写真を準備する。

リサイズしたり、大きなサイズを自分の好みにカットして、円形内に収まるサイズを作成後に塗りつぶし加工する。

この画像のサイズは、257px×350px


今回、初心者の方にとって、一番大変なのがこの塗りつぶし加工済みの写真の準備だと思います。 申し訳ありませんが、JTrimRingで、作例がありますので省略させて頂きます。



合成の為の下地作成で、カラー→2階調化する。

写真によって、異なる為各自で調整して設定する。

この画像は、境界のしきい値:243で、OKをクリックする。



カラー→ネガポジ反転する。

編集→コピーする。

コピー後は、元に戻しておく。(2階調化する前の画像まで)



1枚目のJTrimを開く。

円形の画像を入れたい所に範囲指定枠を設定する。(先ず大きめにカーソルで囲みを作って、調整する)

編集→合成:明るい画素優先で合成する。



2枚目のJTrimに戻り、編集→コピーした後に、再度、1枚目のJTrimを開く。

範囲指定枠が表示されているのを確認してから(不慣れな場合に誤って消してしまう時がある)

編集→合成:暗い画素優先で合成する。



合成画像の完成!



この画像は、球形の中に画像を閉じ込める感じを出したい為に
超新星加工前に画像を合成して加工した画像。
何となく雰囲気は出てるのでは... ?



超新星加工前に画像を合成して加工した画像U。



超新星加工前に画像を合成して加工した画像V。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system