ブラインド加工で作成した額縁

BACKHOMENEXT

(額縁に合成貼り付けした画像)


*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



今回は、ブラインド加工自体をメインに取り上げて、何か作成できないものかと、チャレンジしてみました。額縁としては?かも知れませんが、変わった質感が出来上がったと思います。ブラインドの色の組み合わせで他にもいろんな色が出来上がります。



1枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で600×600の白紙作成。

加工→ブラインドをクリックする。

1回目
水平方向にチェックを入れる。

ブラインドの幅:10

色 (192:192:192)

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



加工→ブラインドをクリックする。

2回目
水平方向のチェックを外す。

ブラインドの幅:10

色 (255:128:255)



縦と水平方向にブラインドをかけた仕上がり画像。



加工→ウエーブをかける。

大きさ:20×1回かける。



カラー→ヒストグラム→イコライズをかける。



座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:144 Y:144 (座標2) X:364 Y:234 の数値を入れて、切り取る。



編集→コピーする。

左へ90度回転させる。



編集→連結:上へで連結する。



編集→連結:右へで連結する。



編集→コピーする。

イメージ→フリップで反転させる。



編集→連結:上へで連結する。



編集→コピーする。

イメージ→ミラーで反転させる。



編集→連結:左へで連結する。



加工→立体枠をつける。

枠の太さ:20 :スムース。



座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:75 Y:75 (座標2) X:805 Y:545 の数値を入れて、×で閉じる。



加工→立体枠をつける。

枠の太さ:15 :凹ませる。



額縁完成!



2枚目のJTrimを立ち上げます。

合成したい写真を準備する。

リサイズしたり、大きなサイズを自分の好みにカットして、

画像サイズ:700px×440pxを準備する。

編集→コピーする。



1枚目のJTrimを開く。

座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:90 Y:90 (座標2) X:790 Y:530 の数値を入れて、×で閉じる。



編集→合成:上書きで合成する。

合成画像の完成!



完成画像。

リサイズは、省略しましたが各自で行って下さい。

リサイズの仕方が分からない方は、私の他の作成過程に、ありますので参照して下さい。



2枚目のブラインド加工した参考画像

1回目の色 (192:192:192)

2回目の色 (128:255:255)



1回目を水平方向にした場合と縦にした場合の変化を確認したが、殆ど変化はないように思えた。(白紙作成→イコライズをかけるまで)

但し、色の順番を間違えると模様は出なくなるので、注意!(必ず、1回目の色を濃い(暗い)色に設定する)

変化を確認する場合は同じ画面上で、交互に作成しながら並べて比較すると分かり易い 



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system