超新星加工模様で作成する円形額縁

BACKHOMENEXT


超新星加工を模様にした円形額縁の作成ですが、超新星加工を行うのは一箇所だけで、サンプル画像の様に、全て同じ色と条件の超新星加工で作成しても、設定する位置と、超新星加工後の処理によって出来上がりの模様と色が違ってきます。同じものを再現するのが難しい為、気にいった画像が出来たらその都度保存して下さい。



*色の数値は、左から色設定の中にある赤:緑:青の数値で、その他の :の横にある数値は、加工時に設定する数値です。
但し、塗りつぶしの許容範囲の数値は記入していません。
写真画像などを全面塗りつぶす場合は100ですが不要部分の塗りつぶしや一部分の塗りつぶしは許容範囲の数値が微妙に変わる場合がある為、自分で確認しながら設定して下さい。
画像の上にカーソルを置いてが表示されると、クリックで拡大画像が表示されます。


説明用に画面を合成していますので、実際の画面と異なる部分があります。(メニューバーの実行項目が2箇所表示されたり、ダイアログボックスまで、同一画面表示等...)



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimを立ち上げます。

新規作成で、600×600の白紙作成。

加工→超新星をクリックする。

クロスしたラインが表示されたら、ラインの中心を

センター以外の任意の位置に設定してクリックする。

2、3番目の額縁はクロスラインが額縁内に入る位置に設定している。

出来るだけバックに仕上がりの画像を掲示する様にしています。



(1枚目のJTrim)
超新星のダイアログボックスに任意で数値を設定する。

参考例では 半径:100 放射線の数:148 乱数色相:58

色:任意 参考例:(128:0:128)を設定する。



(1枚目のJTrim)
超新星加工後の画像。

以降のコピーから、合成を繰り返す事で、クロス部分等の色が汚くなる場合もありますが、気にしないで最後まで、続けて下さい。



(1枚目のJTrim)
編集→コピーする。

イメージ→ミラーで反転する。



(1枚目のJTrim)
編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
編集→コピーする。

イメージ→フリップで反転する。



(1枚目のJTrim)
編集→合成:暗い画素優先で合成する。



(1枚目のJTrim)
この時点で

@カラー→ヒストグラム→イコライズをかける。

A加工→ウエーブをかける。

両方かけるか、片方だけにするか、全く加工しないか、各自の好みで判断する。



(1枚目のJTrim)
@加工例
カラー→ヒストグラム→イコライズをかける。



(1枚目のJTrim)
@加工例
イコライズをかけた仕上がり画像



(1枚目のJTrim)
A加工例
加工→ウエーブ 大きさ:2だけをかける。



@加工+A加工
 イコライズとウエーブをかけた仕上がり画像。



(1枚目のJTrim)
参考例:A加工例のウエーブだけをかけた画像を用いる。

イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く(デフォルトの状態)



(1枚目のJTrim)
額縁の幅を設定する。幅:任意

参考例:幅70

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1) X:70 Y:70 (座標2) X:530 Y:530 の数値を入れて、切り取る。



(1枚目のJTrim)
切り取り後の画像。



(1枚目のJTrim)
イメージ→円形切抜きをクリックする。

背景色:白で切り抜く(デフォルトの状態)



(1枚目のJTrim)
カラー→2階調化する。

境界のしきい値は最大。



(1枚目のJTrim)
カラー→ネガポジ反転する。

編集→コピーする。



(1枚目のJTrim)
コピー後に元に戻す。

範囲指定枠が表示される所まで戻す。



(1枚目のJTrim)
編集→合成:明るい画素優先で合成する。

範囲指定枠を外す。 



(1枚目のJTrim)
楕円形にする。

イメージ→リサイズで、縦横の比率を保持する のチエックを外して、好みの楕円形を作る。

参考例 縦のサイズを450に設定

円形のままで良ければ、この過程は不要 



(1枚目のJTrim)
円形額縁の完成!



(1枚目のJTrim)
円形額縁内への画像合成方法は任意

参考例として
額縁内の楕円空白部の上下左右から10pxだけ内側に範囲指定枠を設定して切り取ったサイズを合成に用いる方法。

参考例
基準にする楕円空白部の上下左右の座標値

赤いラインの座標値
(座標1)X:70 Y:54 
(座標2)X:530 Y:396



(1枚目のJTrim)
参考例
基準の位置から、10px内側に範囲指定枠を設定した座標値で、このサイズを合成に用いる。
黄色いラインの座標値
(座標1)X:60 Y:44 
(座標2)X:540 Y:406

切り取り後に、イメージ→リサイズで横と縦のサイズを確認してから元に戻す。

範囲指定枠が表示された状態まで戻す。

参考例のサイズ:480×362(サイズは座標値からでも分かる)



(2枚目のJTrim)
2枚目のJTrimを立ち上げて、元になる画像(加工する写真)をJTrim上に開く。

イメージ→座標指定切り抜きクリック、座標指定切り取りのダイアログボックスに

(座標1)の値をXY共に、0に設定する。

(座標2)の値を先程切り取った横と縦のサイズに設定する。

X:480 Y:362に設定する。



(2枚目のJTrim)
範囲指定枠内にカーソルを置いて、手のひらマークに変わったら

左クリックして、切り取りたい所へ移動させてから、OKをクリックする。

範囲指定枠内に入れたい画像が納まらない時は、前以て、画像をリサイズで縮小しておけば良い。



(2枚目のJTrim)
加工→フェードアウトをかける。

円形フェードアウト 範囲:任意 参考例:40×1回

背景色:任意 参考例:白色。



(2枚目のJTrim)
フェードアウト後の画像。

編集→コピーしてから、1枚目のJTrimに戻る。

今回は背景色が白の為、そのまま、編集→コピーするが、白色以外でフェードアウトした場合には

@イメージ→円形切抜きを行ってから、編集→コピーする。

A合成後の状態を見て、画像サイズ及び範囲指定枠の調整を各自で行って、トリミングからやり直す。



(1枚目のJTrim)
1枚目のJTrimを開いて、範囲指定枠が表示されているのを確認して

編集→合成:暗い画素優先で合成する。

完成!



完成画像。

任意で、円形フェードアウト加工を行う。範囲:10

フェードアウトの範囲を大きくしたい場合は、円形額縁完成の時点で行う。



JTrim Ringへ行けます。


inserted by FC2 system